鉄道界のこの1年は?2018年のニュース10選

複々線から新型車両、新駅名まで話題豊富

複々線完成に伴うダイヤ改正と同時にデビューした、小田急電鉄の新型特急ロマンスカー70000形GSE(撮影:梅谷秀司)

2018年も残すところあと1日。今年は、JR発足30周年だった2017年や北海道新幹線が開業した2016年と比べれば大きな話題はなかったものの、新幹線N700Sの確認試験車登場や小田急線の複々線完成、大阪市営地下鉄の民営化などといったニュースが鉄道界をにぎわせた。明るい話題だけでなく、相次ぐ災害による鉄道への被害や、新幹線車内での殺傷事件といった衝撃的なニュースもあった。数々の出来事から10点を選び、この1年を振り返る。

次世代新幹線、何が変わった?

1)各社の新型車両がお目見え
東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今年も鉄道各社に新型車両が登場した。3月にはJR東海の次世代新幹線N700Sが姿を現した。今回登場したのは「確認試験車」と呼ばれる車両で、2020年度から投入する営業用車両の開発に向けた試験を行う。

一見すると現行のN700Aと大きく変わらないように見えるが、先頭形状はトンネル突入時の騒音や走行抵抗の低減を図った「デュアルスプリームウィング」形に変化。16両編成から基本設計を変更することなく6両、8両、12両といった短い編成にできるのが大きな特徴で、10月から8両編成で試験走行している。

N700Sは基本設計を変えずに8両など短い編成にすることができる(撮影:尾形文繁)

同月には小田急電鉄の新型特急ロマンスカー、70000形GSEがデビューした。先頭に伝統の「展望席」を設けた車体はバラの色をイメージしたという深紅の塗装をまとい、従来からのフラッグシップである白いロマンスカー、50000形VSEとともに小田急の顔となった。

私鉄の特急では、銀色の砲弾のような外観が印象的な西武鉄道の「Laview(ラビュー)」001系も話題となった。営業運転の開始は2019年3月だが、今年12月23日から西武線上で試運転を開始し、沿線住民の注目を浴びている。

次ページさらに増えた「座れる通勤電車」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT