欧州の交通サービス「MaaS」は日本に根付くか

東急・JR東日本が伊豆で参入、今年が正念場

フィンランドで普及する新たな交通サービス「MaaS」は日本に根付くか(筆者撮影)

最近しばしば聞かれるようになったMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)という言葉。我が国では自動車業界でよく取り上げられるので、自動車に関連する用語だと思っている人がいるかもしれない。しかし実際は逆に、マイカーに対抗すべく生み出された考えである。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

国土交通政策研究所の資料によれば、MaaSはICT(情報通信技術)を活用して交通をクラウド化し、公共交通か否か、またその運営主体にかかわらず、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)をひとつのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念であり、利用者はスマートフォンのアプリを用いて、交通手段やルートを検索、利用し、運賃等の決済を行う例が多いとしている。ここでも「マイカー以外」という言葉が出てきている。

フィンランドでいち早くスタート

MaaSを世界でいち早く提唱したのは北欧のフィンランドだ。フィンランドでは2005年頃から、ICTを用いて公共交通をより使いやすくする研究を運輸・通信省が開始。その後は同時期に設立されたITSフィンランドが主体となって構築を進め、2014年に首都ヘルシンキで行われたITSカンファレンスでMaaSの概念を発表する。

このときITSフィンランドのCEOを務めていたサンポ・ヒエタネン氏が、翌年その名もMaaSグローバルという会社を設立。2016年に同社がリリースした「ウィム(Whim)」は、現時点でもっとも優れたMaaSアプリと評価されている。

ちなみにフィンランドの国土面積は日本とさほど変わらず、陸地の74%が森林で覆われ、島も多く、高齢化率は20%に達している。人口が約20分の1であることなどを除けば我が国と似ている部分が多い。

乗用車の保有率もひとり当たり0.6台で日本に近いが、携帯電話の保有率はかつてノキアが世界一の携帯電話メーカーだったこともあり、1.7台と日本の上を行く。交通と通信を担当する国の組織が同一であること、利用者が携帯電話に馴染み深かったことも、ICTを使ったモビリティサービスという発想につながったのかもしれない。

筆者は知人の大学教授らとともにヘルシンキに行き、運輸・通信省とヘルシンキ市役所、そしてMaaSグローバル社を訪ねた。

次ページフィンランドを訪ねてみた
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT