円安進み、半年ぶりに1ドル103円台

日銀の金融緩和拡大めぐる憶測で

12月2日、午前中盤の米ニューヨーク外為市場では円安が進み、一時1ドル103円台と半年ぶりの水準をつけた。写真は1万円札。都内で1月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 2日午前中盤の米ニューヨーク外為市場では円安が進み、一時1ドル103円台と半年ぶりの水準をつけた。日銀の金融緩和拡大をめぐる憶測が材料となっている。

複数の日銀筋によると、追加緩和の手段として上場投資信託(ETF)の増額について、他の手段と比較した長所・短所を勘案しつつ、具体的な手法についてシミュレーションしているほか、問題意識の1つとして、国債の買い入れの増額だけを緩和の基準にするのではなく、日銀が取る「信用の規模」を目安にするというアプローチについて検討するアイデアも浮上している。

ドル/円は一時103.03円と5月23日以来の水準をつけた。その後は102.98円近辺で推移している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。