7&iHDがニッセンHDを連結子会社化へ

TOBなどで実施、上場は維持方針

12月2日、セブン&アイ・ホールディングスは、通信販売大手のニッセンホールディングスの議決権の過半数を握って連結子会社化すると発表した。都内で10月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] -セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>は2日、通信販売大手のニッセンホールディングス<8248.T>の議決権の過半数を握って連結子会社化すると発表した。小売業におけるネット戦略を強化する。

グループでIT(情報技術)サービスを手掛ける中間持ち株会社のセブン&アイ・ネットメディアが株式公開買い付け(TOB)と第三者割当増資を通じて、ニッセンHD株の50.1%の議決権を取得する。ニッセンHDの上場は維持する方針。

TOB価格は1株410円で、今月3日から来年1月22日までの30営業日のうちに、過半数の取得を目指す。すでに、筆頭株主のユーシーシーホールディングスなど大株主3社と約30%の株式の取得について合意しており、市場を通じて過半数を取得していく。

TOBで過半数の取得ができない場合は、ニッセンHDが1月29日から3月13日までに、1株410円で第三者割当増資を実施し、議決権比率を50.1%に引き上げる。

(村井令二)

*内容を追加して再送します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。