日経平均は6日続伸、後場に上げ幅拡大

戻り売りをこなし、200日移動平均線を回復

 11月30日、東京株式市場で日経平均は6日続伸。今週末の20カ国・地域(G20) 首脳会議に合わせて行われる米中首脳会議を前に様子見ムードが強まる中、中国のさえない経済指標が重しとなる場面があったが、出遅れ株を物色する動きもみられた。写真は東京証券取引所で2013年11月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 30日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は6日続伸。今週末の20カ国・地域(G20) 首脳会議に合わせて行われる米中首脳会議を前に様子見ムードが強まる中、中国のさえない経済指標が重しとなる場面があったが、出遅れ株を物色する動きもみられた。連日の上昇を受けた戻り売りをこなし、指数は後場に上げ幅を拡大した。

騰落率は日経平均が前日比0.40%高、TOPIXが同0.48%高となった。原油相場の上昇を背景に石油関連セクターが大幅高。医薬品、精密機器がしっかり。証券、電気・ガス、不動産がさえない。モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)指数の銘柄見直しに伴うリバランスの影響で、東証1部の売買代金は3兆6637億円に膨らんだ。

中国国家統計局が30日に発表した11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.0。市場予想の50.2を下回った。50は業況改善・悪化の分かれ目となる中立水準。中国景気の減速リスクが意識されたものの、上海株が落ち着いた動きとなったことが安心感をもたらした。日経平均は200日移動平均線(2万2300円04銭=30日終値)を3週ぶりに上回って取引を終えた。

アイザワ証券・日本株ストラテジストの清水三津雄氏は「日本株はあまりにも売られ過ぎており、評価も低い。米中首脳会談で多少の失望が広がっても、下落は限定的となる可能性があり、ショート筋の買い戻しが入りやすい」と話す。

個別銘柄では井関農機<6310.T>がしっかり。同社は29日、インド農機メーカー大手と技術・業務提携契約を結んだと発表した。世界最大のトラクター市場であるインドで、積極的な事業展開を図る。海外収益の拡大に期待した買いが入った。

半面、内田洋行<8057.T>が続落。29日に発表した2018年8―10月期決算で連結営業利益が前年同期比82.3%減の9000万円と大幅減益だったことを嫌気した。小中高校向け教育ICT(情報通信技術)分野で大型案件が先送りになったほか、人件費の増加や社内基幹システムの減価償却費の増加等が響いた。

東証1部の騰落数は、値上がり1311銘柄に対し、値下がりが737銘柄、変わらずが69銘柄だった。

 

日経平均<.N225>

終値     22351.06 +88.46

寄り付き   22274.97

安値/高値  22231.96─22362.20

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1667.45+7.98

寄り付き     1660.11

安値/高値    1660.05─1669.95

 

東証出来高(万株) 181925

東証売買代金(億円) 36637.04

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。