東証、上場廃止の時価総額基準緩和を解除へ

市場環境回復、2014年から通常化

11月29日、日本取引所グループ傘下の東京証券取引所は、東証1部から東証2部への指定替えや上場廃止基準のうち、時価総額基準の緩和措置を2014年4月から解除すると発表した。昨年11月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 29日 ロイター] -日本取引所グループ<8697.T>傘下の東京証券取引所は29日、東証1部から東証2部への指定替えや上場廃止基準のうち、時価総額基準の緩和措置を2014年4月から解除すると発表した。

リーマン・ショック後の相場の急変動を受けて09年1月から緩和していたが、足元の経済・市場環境の回復を踏まえて解除することにした。

たとえば、市場第一部の上場廃止基準では本来、時価総額で10億円未満のところ6億円未満に緩和していたが、元に戻す。東日本大震災で損害を被った企業には、特例の緩和措置を設ける。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。