韓国、TPP予備協議入りへ

交渉参加に向け、一歩前進

11月29日、韓国は環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向け一歩前進した。写真は朴槿恵大統領。ソウルで18日撮影(2013年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 29日 ロイター] -韓国は29日、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向け、一歩前進した。

TPP交渉参加国と予備協議を行った後に、TPP交渉に参加するかどうかを正式に決定する方針を明らかにした。

政府は声明で「TPP交渉参加により、アジア太平洋地域での大きな市場を確保し、参加国と対等な立場で競うことができると期待している」とした。

TPPは、米国、日本、カナダなど12カ国が交渉を進めている。

韓国はこれまで、米国や欧州連合(EU)と自由貿易協定(FTA)を締結。TPPについて決定する前に、中国やオーストラリアなどと現在交渉中のFTAを優先するとの方針をこれまで表明してきた。

 

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。