韓国、TPP予備協議入りへ

交渉参加に向け、一歩前進

11月29日、韓国は環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向け一歩前進した。写真は朴槿恵大統領。ソウルで18日撮影(2013年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 29日 ロイター] -韓国は29日、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向け、一歩前進した。

TPP交渉参加国と予備協議を行った後に、TPP交渉に参加するかどうかを正式に決定する方針を明らかにした。

政府は声明で「TPP交渉参加により、アジア太平洋地域での大きな市場を確保し、参加国と対等な立場で競うことができると期待している」とした。

TPPは、米国、日本、カナダなど12カ国が交渉を進めている。

韓国はこれまで、米国や欧州連合(EU)と自由貿易協定(FTA)を締結。TPPについて決定する前に、中国やオーストラリアなどと現在交渉中のFTAを優先するとの方針をこれまで表明してきた。

 

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT