韓国、TPP予備協議入りへ

交渉参加に向け、一歩前進

11月29日、韓国は環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向け一歩前進した。写真は朴槿恵大統領。ソウルで18日撮影(2013年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 29日 ロイター] -韓国は29日、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向け、一歩前進した。

TPP交渉参加国と予備協議を行った後に、TPP交渉に参加するかどうかを正式に決定する方針を明らかにした。

政府は声明で「TPP交渉参加により、アジア太平洋地域での大きな市場を確保し、参加国と対等な立場で競うことができると期待している」とした。

TPPは、米国、日本、カナダなど12カ国が交渉を進めている。

韓国はこれまで、米国や欧州連合(EU)と自由貿易協定(FTA)を締結。TPPについて決定する前に、中国やオーストラリアなどと現在交渉中のFTAを優先するとの方針をこれまで表明してきた。

 

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。