ディズニーが認めた「シチズン」腕時計の実力

社長が語る創業100年老舗メーカーの挑戦

――フォッシルとの提携にあるスマートウォッチ分野ではアップルウォッチのようなウェアラブル端末に対抗できないとの指摘が出ています。

シチズンから見れば、フォッシル社は十分先進的なソフト技術をもっている。確かにアップルと比較されれば、それは話にならない。われわれもアップルとの土俵に立つのは無理だということはわかっている。同じ土俵に立てば絶対に負けるわけだし、対抗しようと開発投資をすれば大変なことになる。シチズンとフォッシルが組んだくらいでできるわけがない。

しかし、コネクテッド分野が伸びているのは確かだ。だからスマートウォッチ分野には参入する。そうはいっても、シチズンが手掛けるのはウェアラブル端末ではなく、針の付いた「ハイブリッドスマートウォッチ」だ。アップルだって針付きの時計には参入できないはず。違う領域だからこそシェアを伸ばせる。

シチズンが2016年から展開する「エコ・ドライブ Bluetooth」シリーズ。アナログ時計とスマートフォンとの連動機能を合わせ持った「ハイブリッドスマートウォッチ」だ(撮影:風間仁一郎)

目指すのは、シチズンの理念でもある「美と技術の融合」だ。デジタルガジェットにはない、針時計の美しいデザインや身に付けたときの心地よさなどについて、スマートウォッチでもこだわっていく。シチズンが展開するからには、時計は美しくなければいけない。

シチズンには光発電によって電池交換を不要にした「エコドライブ」や世界最薄腕時計を作り出したムーブメントのハードウエアの技術はある。そこにフォッシルの技術開発を取り入れて新しいスマートウォッチを確立していく。

技術とデザインは両立できるか

――美と技術はゼロサム関係ではないと。

ゼロサム関係でないことは自動車を考えても同じではないか。走る技術と機能だけでデザインがないと面白みはないでしょう。

シチズンとディズニーによる「エコドライブ」のコラボ時計(写真:©Disney)

すでに腕時計の機能を代替するものはたくさんある。それでも人が腕時計をするのは記念や思い出を込めたり、身に付けることで自分を鼓舞したり、モチベーションにつながったり、ステータスとして周囲に見せたりという一種の“コト消費”の要素があるからだ。

そういう点では機能だけでなく、身に付けるときの満足感としてデザインが重要な要素であり続ける。腕時計はもはや生活必需品として求められる時代ではない。今、腕時計が最も売れている時期がクリスマスシーズンであることは腕時計が特別な日に買うものという新たなステージに移っていることを示している。

次ページ腕時計の価値はこの先どうなる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT