企業で「Mac」がどんどん導入されているワケ

アップルの驚きのエンタープライズ戦略とは

iPad Pro12.9インチモデルとカバーを兼ねるキーボード「Smart Keyboard」(筆者撮影)

日本市場でも、アップルはビジネス分野への進出が進んでいる。

JRや東京メトロ、ANA、JALといった交通系企業にiPadの導入が進んでおり、サービスを受ける際にiPadが使われているのが目に見える形でわかる。

また積水ハウスはiPad導入とともに社内のアプリを内製化し、現場の細かいニーズに応えて改善を続けている。2016年の熊本地震が発生した際にはすぐに専用アプリを開発し、iPadを携えて顧客の被害状況の調査を行った。緊急時の機動力まで一気に高めることに成功した事例と言える。

学校でもiPadが導入される例が増えているが、自分たちが普段学びに活用しているのと同じiPadを、実際の社会で大人たちが仕事に使っている様子を見ることで、その仕事への身近さや自分のデバイスの可能性の大きさに気づくことができるのだ。

iPadは「AR」を実現するうえでも重要

日本のエンタープライズ市場でも、特にiPadの活用で、独自の進化を遂げている様子がわかる。iOSは高いセキュリティや指紋、顔の生体認証に対応するだけでなく、企業が今後、顧客体験を大きく変化させる拡張現実などのアプリを実行するうえでも重要なデバイスとなる。

セキュリティという守りと、モバイルという攻めの両面を、アップルとパートナー企業は強力に押し出していこうとしている。そのうえで、いずれの要素も高めることに成功したMacBook AirとiPad Proは、アップルのエンタープライズ戦略にとって非常に重要な製品となったのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT