後継者が見つからない企業に欠けている視点

後継者獲得・育成に必要な3つのステップ

より良い賃金や条件、またこれは最も重要なポイントですが、キャリアの成功を提示するほか企業への社員の流出を防ぎ、優秀な人材を引き留めるにはどうしたらよいでしょうか。

需要の高い人材は、有利な勤務条件や昇進機会を得られる職務を積極的に探しているため、優秀な人材を獲得するための競争は熾烈です。ミレニアル世代の社員は率先してやりがいのある職務を求めており、オンライン学習、デジタルコラボレーション、職務の柔軟性、ポジティブな職場文化を求めています。現在の職場でこれらが得られなければ、別の場所を探す可能性があります。

社員の成長機会を増やす

優秀な人材を確保するには、社員が仕事に充実感を得られるよう、成長の機会やトレーニングのインセンティブ、キャリアの成功を提示することです。コーチング、メンタリング、および特別なクラウドベースのトレーニング機会を検討し、社員が時間や場所を問わず利用できるようにするのです。

これにより、以下のようなメリットが得られます。

• よりスキルの高い、未来に対応できる人材の獲得
 • 後継者計画に向けた候補者の選択肢が増大
 • 社員のエンゲージメント、モチベーション、モラルが向上
 • 社員のスキル/目標と、組織の目標の整合性が向上
 • 進歩的で好ましい企業として、ブランド力と評判が向上

企業は最新のシステムを活用することで、スマートな後継者計画を策定し、スキルや能力のベンチマーク評価、スキルギャップの見極め、社員の育成状況の測定や、追跡可能な新しいキャリアパスの提供が可能になります。

これこそ、新時代の後継者計画です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。