「北京で物乞い」、パキスタンで"字幕騒動"

パキスタンテレビが字幕で表示ミス

 11月7日、パキスタン政府は、国営テレビPTVがカーン首相(写真)の北京訪問を報じたニュース番組の中で、「Beijing(北京)」のつづりを間違えて「Begging(物乞いの意)」と字幕を出した後、就任わずか数週間のトップを解任した。ロイターが入手した通信省の辞令文書で明らかになった。写真は北京で3日撮影(2018年 ロイター/Jason Lee )

[イスラマバード 7日 ロイター] - パキスタン政府は、国営テレビPTVがカーン首相の北京訪問を報じたニュース番組の中で、「Beijing(北京)」のつづりを間違えて「Begging(物乞いの意)」と字幕を出した後、就任わずか数週間のトップを解任した。ロイターが入手したパキスタン通信省の辞令文書で明らかになった。

カーン首相は、中国訪問で金融支援を求め、中国は支援を約束した。

番組ではカーン首相が演説する映像で、ニュースの発信地を示す文字が「begging」となって20─25秒間流れた。PTVはこのミスについて5日謝罪したが、ソーシャルメディアでは「begging」の表示が意図的だったかどうかを巡り議論が起きていた。

通信省報道官は、今回の解任は表示ミスとは無関係で、「定例の措置」だと説明した。

カーン首相は、パキスタンが多数の国際支援を受けていることを批判し、歴代の指導者らが支援を乞うため世界をうろうろしていると発言していた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT