11月第2週の個人投資家、過去最大の売り越し

海外勢は過去2番目、1兆1720億円の買い越し

11月21日、東京証券取引所がまとめた11月第2週(11月11日─15日)の2市場投資主体別売買内容調査によると、海外投資家は1兆1720億円の買い越しとなった。写真は7月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] -東京証券取引所がまとめた11月第2週(11月11日─15日)の2市場投資主体別売買内容調査によると、海外投資家は1兆1720億円の買い越しとなった。1982年7月の統計開始以来、過去2番目の大きさ。また個人投資家は1兆1526億円と過去最大の売り越しとなった。

米景況感の改善と米金融緩和の長期観測でリスクオンムードが高まる中、海外勢が日本株に積極姿勢をみせる一方、5月高値の信用期日や株式譲渡益課税の引き上げを控えた個人投資家が売りを浴びせたとみられている。

海外投資家の買い越しは3週連続。個人は3週連続の売り越しだった。投信は3週連続で買い越したが、信託銀行は3週ぶりに売り越した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT