LINEの7—9月期は先行投資で営業赤字35億円

「広告単価の下落」をどう読めばいいのか

 10月24日、LINEが発表した2018年7─9月期連結決算(国際会計基準)は営業損益が35億円の赤字に転落した。前年同期は58億円の黒字だった。金融サービスなど戦略事業の先行投資が収益を圧迫した。2014年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai/Illustration/File Photo)

[東京 24日 ロイター] - LINE<3938.T>が24日発表した2018年7─9月期連結決算(国際会計基準)は営業損益が35億円の赤字に転落した。前年同期は58億円の黒字だった。金融サービスなど戦略事業の先行投資が収益を圧迫した。

売上高に当たる売上収益は前年比16.9%増の518億円に拡大した。売上の過半を稼ぎ出す広告は前年比では22.2%増の269億円と大きく伸びたが、4─6月期比ではディスプレイ広告が新プラットフォームへの移行期であることが響き、1.1%減となった。

出澤剛社長は決算説明会でディスプレイ広告について「広告単価が新システムへの移行期間中で低下している」と説明。「年内は同じレベルで推移すると想定しているが、新システムへの移行が進めば再度成長率が高まる」との見通しを示した。新システムの本格稼動は、来年1─3月期を予定している。

一方、減少傾向にあったコミュニケーション・コンテンツなどは前年比では2.1%減となったが、4─6月期比では1.7%増とこのところの減少傾向に歯止めがかかった。

7─9月期の主要4カ国(日本、タイ、台湾、インドネシア)の月間アクティブユーザー数は1億6500万人(4─6月期は1億6400万人)と、2017年1─3月期以来6四半期ぶりに増加に転じた。

最終損益は95億円の赤字(前年同期は16億円の黒字)だった。

2018年1─9カ月累計では、売上収益が前年比24.7%増の1512億円、営業利益は同72.4%減の67億円、最終損益は60億円の赤字(前年同期は120億円の黒字)だった。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT