セブン、ネット取り扱い高1兆円目指す

鈴木CEOの掲げる野望

11月18日、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEOは、グループのネット関連の取扱高を5000億円―1兆円に拡大させると述べた。写真は1月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 18日 ロイター] -セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>の鈴木敏文会長兼CEOは18日、記者団に対し、グループのネット関連の取扱高を5000億円―1兆円に拡大させると述べた。2014年2月期計画の1500億円から大幅な伸長となる。

同社は、ネットとリアル店舗を融合させた「オムニチャネル化」を目指している。鈴木CEOは「セブンイレブンをはじめとして、グループ各社が参画することで、(店舗数などで)優位な立場にある。より強く推し進めて行きたい」と述べた。

目標数値の達成時期については「1―2年でどのように波に乗れるか、乗せることができるか。波に乗れれば、5000億円―1兆円はそう遠い日ではない」とした。これまで、17年2月期に5000億円の目標を掲げている。

セブン―イレブン・ジャパンは、ことし創業40周年を迎え、18日には都内で記念パーティーを開いた。あいさつの中で、鈴木CEOは「今年度1500店を新規出店するが、来年度は1600店をオープンする」とし、5万店に達した国内コンビニ市場の飽和説を一蹴、さらなる出店を進める考えを示した。

鈴木CEOは「網の目をより細かくしていかないと、より便利にはならない。時代の変化に対応できないところはドロップアウトしていくが、変化に対して挑戦していくところは伸び続けていく」とし、少子高齢化など時代の変化が同社のビジネスにとってプラスになると指摘した。

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT