BMW「i3」が示す"本当のエコカー"

ドイツの高級車メーカーが電気自動車に参入

ドイツの高級車メーカーが電気自動車(EV)の量産に名乗りを上げた。BMWは同社初となるEV「i3(アイスリー)」を投入する。日本では2014年4月に発売される。

i3の特徴は車体にある。車両重量は1260キログラム。EVで先行する日産自動車のリーフの1430キログラムに比べて、かなり軽い。

その秘密は、鉄より強くて軽い炭素繊維強化プラスチック(CFRP)をボディに全面採用した世界で初めてのモデルだからだ。1回の充電による航続距離が約160キロメートルとリーフより短いが、発電用エンジンを積んだモデルだと300キロメートルまで走行できる。

都市部の富裕層に照準

EVでは日産自動車、三菱自動車の日本メーカーが先行しているが、航続距離の短さや価格の高さから普及が進んでいない。

BMWはどういった戦略で攻略するのか。同社が照準を合わせているのは、都市部に住む富裕層だ。人口が集中していく都市の環境に配慮した「アーバンモビリティ」と位置づけ、新たなサブブランドとして、一から専用設計した。BMWジャパンのアラン・ハリス社長は「i3はまったく新しいモビリティ。特に都市部にはつねに一歩先の未来を考え、かつ環境に気を遣う人が多い」と話す。

価格は499万(消費税8%込み)と高級車を展開するBMWの中では割安だが、EVとしてはリーフの298万円(消費税5%込み)よりも高い。開発を統括する「プロジェクトi」マネージャーのマルティン・アールト氏は「新しい技術はどうしても高くつくが、都市での普及が進めば、価格は下がっていく」と説明する。

次ページスポーツカーも登場
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT