BMW「i3」が示す"本当のエコカー" ドイツの高級車メーカーが電気自動車に参入

拡大
縮小
画像を拡大
超高級車の「i8」

「i3」と同時に発表されたのが、切れ長のデザインが特徴的な、プラグインハイブリッドのスポーツカー「i8」だ。「特別な車を運転したい、という人のために用意した」(ハリス氏)というこの車の価格は1917万円。日本では2014年夏以降に投入される予定だ。

ドイツ本社のライトフォーファー会長は「将来、プレミアムの定義に『サステナビリティ』という要素が含まれるようになる」と見ている。

「プロジェクトi」は2007年に「持続可能(サステナブル)なモビリティを考える」という目的のもと組織された、いわばBMWのシンクタンクだ。ここで考案されたアイデアを技術や製品に落とし込み、BMWのさまざまなブランドに適用していく。その最初の成果が今回の「i3」となる。

原材料から「エコ」にこだわる

プロジェクトiの取り組みとしてBMWがとりわけ強調するのが、原材料や生産工程から運転に至るまで、「エコ」に徹底的にこだわったバリューチェーンの構築だ。

CFRPの製造は、原料が三菱レイヨンの広島工場から送られ、米国ワシントン州にある炭素繊維メーカーとBMWの合弁工場で生産される。この製造工程の電力は100%を水力発電でまかなっているという。

CFRP部品の生産と車体の組み立てを行うBMWの独ライプツィヒ工場は、その工程全てを風力発電による電力を利用している。ボディの製造工程では、従来ボルトやリベット、溶接で固定していた部分を、すべて接着にした。加えて熱処理で硬化を早めることで作業時間、消費エネルギーを大幅に軽減した。

次ページ他のブランドにも展開
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT