BMW「i3」が示す"本当のエコカー"

ドイツの高級車メーカーが電気自動車に参入

画像を拡大
超高級車の「i8」

「i3」と同時に発表されたのが、切れ長のデザインが特徴的な、プラグインハイブリッドのスポーツカー「i8」だ。「特別な車を運転したい、という人のために用意した」(ハリス氏)というこの車の価格は1917万円。日本では2014年夏以降に投入される予定だ。

ドイツ本社のライトフォーファー会長は「将来、プレミアムの定義に『サステナビリティ』という要素が含まれるようになる」と見ている。

「プロジェクトi」は2007年に「持続可能(サステナブル)なモビリティを考える」という目的のもと組織された、いわばBMWのシンクタンクだ。ここで考案されたアイデアを技術や製品に落とし込み、BMWのさまざまなブランドに適用していく。その最初の成果が今回の「i3」となる。

原材料から「エコ」にこだわる

プロジェクトiの取り組みとしてBMWがとりわけ強調するのが、原材料や生産工程から運転に至るまで、「エコ」に徹底的にこだわったバリューチェーンの構築だ。

CFRPの製造は、原料が三菱レイヨンの広島工場から送られ、米国ワシントン州にある炭素繊維メーカーとBMWの合弁工場で生産される。この製造工程の電力は100%を水力発電でまかなっているという。

CFRP部品の生産と車体の組み立てを行うBMWの独ライプツィヒ工場は、その工程全てを風力発電による電力を利用している。ボディの製造工程では、従来ボルトやリベット、溶接で固定していた部分を、すべて接着にした。加えて熱処理で硬化を早めることで作業時間、消費エネルギーを大幅に軽減した。

次ページ他のブランドにも展開
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT