BMW「i3」が示す"本当のエコカー"

ドイツの高級車メーカーが電気自動車に参入

画像を拡大
CFRPは鉄より軽くて強いのが特徴

BMWは、同社が持つ「5」シリーズや「7」シリーズといった他ブランドの車にも、このCFRPを利用できるよう開発を進めている。「今後3~5年以内には導入が始まる」(前出のアールト氏)。

効率的な量産に成功した同社の炭素繊維には、ボーイングやエアバスといった航空機メーカーも関心を示しているという。

外装だけではなく、インテリアにも天然由来やリサイクルの材料が使われている。シート素材はペットボトルなどリサイクル材を100%使用し、インパネにはユーカリの木材、ダッシュボードには天然のケナフ麻の繊維が採用された。

目指すはアップル

BMWはこうしたこだわりを一つのブランド価値に発展させようとしている。その象徴が、「i3」だといえる。アールト氏は、米アップル社を引き合いに出しながら「BMWが先進技術のトレンド発信者になる」と言明。「新たなデザイン思想や製品を提示し、新しい顧客にアプローチしていきたい」と話す。

先に発売される欧州では、すでに約9000台を受注しており、まずまずの出足といえる。原材料からエコを追求したプレミアムEVという新しいカテゴリーの車は、日本でも受け入れられるだろうか。

(撮影:鈴木紳平)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT