豊田章男が孫正義にどうしても頼りたい事情

ソフトバンクに求める「トヨタにはない」能力

このトヨタコネクティッドの前身、トヨタメディアサービス社は2000年に当時はまだ、ヒラの取締役だった豊田章男・現社長の肝煎りで設立された。トヨタが筆頭株主で、アメリカのマイクロソフトとセールスフォース・ドットコムが出資している。クラウド技術などはマイクロソフト社のものを使っている。

トヨタコネクティッドは、インフラづくりの役割も担っている。ビッグデータを解析し、交通安全などにも役立てているのだ。たとえば、冬場、指定された地域でABS(アンチロックブレーキシステム)が作動すると、その位置情報を、無線を通じてセンターが即時に吸い上げ、スリップする危険性がある地点として、他のドライバーへカーナビを通じて情報提供する。

グローバル展開を進めて、2016年にはアメリカ・テキサス州にマイクロソフトと共同で現地法人を設立、クルマのスマートシティへの統合などの事業を展開している。ビッグデータを活用して、一律ではなく、実際の運転パターンに合わせて保険料を決めるサービスも開始する計画だ。

ただ、トヨタのこうした取り組みは、あくまでトヨタ車のみからのビッグデータ取得となる。ターゲットを拡大していくには、他社との連携も重要となる。株主として世界のライドシェア業界を牛耳るソフトバンクと組んだ狙いの一つもこの辺にある。

提携はトヨタからソフトバンクに打診した

そして今回の提携はトヨタからソフトバンクに打診した。孫氏自身も「マジかと思って驚いた」と、10月4日の記者会見で打ち明けた。豊田氏も「トヨタとソフトバンクは相性が悪いという噂がありましたが……」と語った。トップ自身が両社はこれまで疎遠な関係で企業体質が合わないと認めたのも同然だ。

実は筆者は数年前、豊田氏の側近の一人からこんな言葉を聞いたことがある。「うちの社長が一番嫌いな経営者は孫正義だ」。なぜですか?と聞くと。「トヨタは育てる文化を大事にする。ソフトバンクは育てずに他社を買収して大きくなった。そしていつか純利益でトヨタを追い抜くと公言しているところが気に食わない」とはっきり言った。会見の場で豊田氏が「相性が悪い噂がある」と言ったのは、ご自身が「震源」なのである。

嫌いな会社にトヨタみずからすり寄ったのには理由がある。この2~3年で自動車産業を取り巻く環境が大きく変化し、従来の価値観だけでビジネスを展開していれば劣後するリスクが高まってきたからだ。豊田氏はこの現状を「勝つか負けるかではなく、生きるか死ぬかの戦い」とたとえているほどだ。

次ページトヨタが抱える2つの危機感
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT