ECBのマイナス金利、可能性排除せず

ECBのアスムセン専務理事が表明

11月12日、ECBのアスムセン専務理事は、マイナスの中銀預金金利については非常に慎重だが、可能性は排除しないと述べた。写真は9月、フランクフルトで撮影(2013年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ベルリン 12日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)のアスムセン専務理事は、マイナスの中銀預金金利については非常に慎重だが、可能性は排除しないと述べた。12日付の独紙Neue Osnabruecker Zeitungがインタビュー記事を掲載した。

専務理事は「それ(マイナス預金金利)は大きなシグナル効果があるため、そうしたステップを踏むことに私は非常に慎重になるだろうが、断固としてそれを排除するということはない」と述べた。

専務理事はまた、ECBは金利について「限界」に達していないと指摘し、一段の利下げ余地があることを示唆した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。