「実質青天井相場」で勝つ「3つのポイント」

株価は波乱に注意だが、まだ上昇する可能性

これをマーケットから見たらどうなるか。「20年戦争に、明日の心配をしても仕方がない」というマーケットの心理の変化が8カ月ぶりのダウ史上最高値だ。この20年戦争は消耗だけの「伝統的な戦争」ではない。少なくとも今、米中の対立は両国それぞれに内需喚起を促し、いったん閉じかけた世界的金融緩和政策も、再びスケールアップして始まってくるのではないか。FRB(米連邦準備制度理事会)はこの10月からバランスシートの縮小ペースを月500億ドルへと加速する予定だが、この資産縮小計画が、場合によっては見直される可能性もあるはずだ。

外国人は「持たざるリスク」を意識し始めている

一方、日本市場の上昇は売り方の買い戻しが主導したものだが、自民党総裁選を波乱なく通過したことで、今後は政策への期待が相場を押し上げそうだ。

実際に昨年の衆議院選挙(2017年10月22日)前後の日経平均16連騰は、政策安定を好む海外投資家の資金流入が支えとなった。2018年の海外投資家は現物・先物合計で7.7兆円の売り越しとなっている(9月第2週時点)。外国人投資家には「持たざるリスク」が意識され始めたようだ。

株価が次の株価を呼ぶ現象が、青天井相場の特徴だ。時々の波乱を飲み込みながら水準を高めて行くと思っている。

とにかく押し目があれば、すかさず買いというのが、出遅れた(と言うより、まだ全然出ていない)個人投資家のここでの対処法ではないか。

これらを勘案して、今週の日経平均予想レンジは2万3500円―2万4200円とする。注目は2つのF(日米貿易協議(FFR)とFOMC=米連邦公開市場委員会)。「波乱もあり」ではないか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。