「岩下の新生姜ミュージアム」に行くべき理由

カオスな現場が「SNS映え」

岩下の新生姜ミュージアム(写真:週刊女性PRIME)

猛暑が続いた今夏、ついつい冷えた部屋で冷たい食べ物、飲み物ばかり。そんな“夏冷え”した身体にピッタリなのが、内側からポカポカと温めてくれるしょうが。もっとしょうがを知るべく、にわかにSNSでにぎわう「新生姜ミュージアム」を訪ねてみた――。

身体にうれしい生姜

「しょうがのジンゲロールには血行をよくする作用があり、手足の冷えの改善に役立ちます。また熱を加えてショウガオールに変化させることで、脂肪を燃焼させて身体の中心から温めてくれるのです

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

ほかにも新陳代謝をアップし、肌の老化やシミ防止、美肌効果も期待できます。夏場に冷えた身体には、特にしょうがはオススメですよ」

そう話してくれたのは、イシハラクリニック副院長の石原新菜先生。「しょうがと健康」に関する数々の著書がある新菜先生が、「身体にうれしい」と太鼓判を押すミュージアムがあるという。

それが栃木県栃木市にある「岩下の新生姜ミュージアム」。♪いわしたの~~♪しんしょうがぁ~~♪が耳から離れないCMでおなじみの、あの有名な新生姜なのだが……、「ミュージアムがニッチすぎる」と話題になっている。

「おかげさまで開館から延べ35万人の来館者が訪れています。岩下の新生姜ファンのみなさんがSNSでつぶやいてくれるので、そのお礼に楽しんでもらおうと、このミュージアムをオープンしました」

とは自ら館長を務める、岩下食品代表取締役社長の岩下和了さん。もともと先代が手がけていた美術館を改装して、ミュージアムとして2015年にオープン。入場無料もさることながら、漬物のイメージとはかけ離れた独特の世界観に、親子連れや“インスタ映え”を求める若い来館者が続々と押し寄せているのだ。

「展示は年8回、季節ごとに変えています。秋はハロウィンがテーマのイベントも開催します」(岩下さん、以下同)

次ページピンクといえばあのお2人
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。