「岩下の新生姜ミュージアム」に行くべき理由

カオスな現場が「SNS映え」

岩下の新生姜ミュージアム(写真:週刊女性PRIME)

猛暑が続いた今夏、ついつい冷えた部屋で冷たい食べ物、飲み物ばかり。そんな“夏冷え”した身体にピッタリなのが、内側からポカポカと温めてくれるしょうが。もっとしょうがを知るべく、にわかにSNSでにぎわう「新生姜ミュージアム」を訪ねてみた――。

身体にうれしい生姜

「しょうがのジンゲロールには血行をよくする作用があり、手足の冷えの改善に役立ちます。また熱を加えてショウガオールに変化させることで、脂肪を燃焼させて身体の中心から温めてくれるのです

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

ほかにも新陳代謝をアップし、肌の老化やシミ防止、美肌効果も期待できます。夏場に冷えた身体には、特にしょうがはオススメですよ」

そう話してくれたのは、イシハラクリニック副院長の石原新菜先生。「しょうがと健康」に関する数々の著書がある新菜先生が、「身体にうれしい」と太鼓判を押すミュージアムがあるという。

それが栃木県栃木市にある「岩下の新生姜ミュージアム」。♪いわしたの~~♪しんしょうがぁ~~♪が耳から離れないCMでおなじみの、あの有名な新生姜なのだが……、「ミュージアムがニッチすぎる」と話題になっている。

「おかげさまで開館から延べ35万人の来館者が訪れています。岩下の新生姜ファンのみなさんがSNSでつぶやいてくれるので、そのお礼に楽しんでもらおうと、このミュージアムをオープンしました」

とは自ら館長を務める、岩下食品代表取締役社長の岩下和了さん。もともと先代が手がけていた美術館を改装して、ミュージアムとして2015年にオープン。入場無料もさることながら、漬物のイメージとはかけ離れた独特の世界観に、親子連れや“インスタ映え”を求める若い来館者が続々と押し寄せているのだ。

「展示は年8回、季節ごとに変えています。秋はハロウィンがテーマのイベントも開催します」(岩下さん、以下同)

次ページピンクといえばあのお2人
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT