「岩下の新生姜ミュージアム」に行くべき理由 カオスな現場が「SNS映え」

印刷
A
A
年に3回。春、夏、クリスマスにはプロジェクションマッピングの投影イベントも(写真:週刊女性PRIME)

館内へ入ると、なんと、カワイくて乙女チックなインテリア。何よりも一面が新生姜のイメージカラーだというピンク、ピンク! 林家ぺー&パー子が来館するのも納得

まず目に飛び込んでくるのが、巨大な新生姜のパッケージが出迎えるステージ。傍らにはミスマッチ(?)なピンクのグランドピアノが、これまた存在感を放っている。

「このステージでは年に10~20回、アーティストのライブを行っています」

アーティストには新生姜ファンも多いことから、岩下社長が自ら出演交渉して、特別なライブを開催しているそう

ミュージアムキャラのピンクのアルパカ(元は社長の娘さんのお気に入りのぬいぐるみだとか)に見送られて、展示スペースに入ると、ちょっとまじめなコーナーへ。

機内食で食べたしょうががおいしくて

「先代社長が機内食で食べたしょうがが、やわらかくてさっぱりしておいしく、それが台湾在来種のしょうが『本島姜(ペンタオジャン)』だと知りました。それから9年の歳月をかけて開発、誕生したのが岩下の新生姜なのです

アーカイブによる歴史、各企業とのコラボ商品などを学び終えて、次の部屋に進むとドーン! 絶対に写真を撮りたくなる、超巨大な新生姜のかぶりものがお目見え。ここでは目玉企画のプロジェクションマッピングも行われるのだ(次回はクリスマス開催。乞うご期待!)。

目玉展示(?)絶対に写真を撮りたい、超巨大な新生姜のかぶりもの(写真:週刊女性PRIME)
次ページラブリーな岩下の新生姜の部屋
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT