「岩下の新生姜ミュージアム」に行くべき理由

カオスな現場が「SNS映え」

年に3回。春、夏、クリスマスにはプロジェクションマッピングの投影イベントも(写真:週刊女性PRIME)

館内へ入ると、なんと、カワイくて乙女チックなインテリア。何よりも一面が新生姜のイメージカラーだというピンク、ピンク! 林家ぺー&パー子が来館するのも納得

まず目に飛び込んでくるのが、巨大な新生姜のパッケージが出迎えるステージ。傍らにはミスマッチ(?)なピンクのグランドピアノが、これまた存在感を放っている。

「このステージでは年に10~20回、アーティストのライブを行っています」

アーティストには新生姜ファンも多いことから、岩下社長が自ら出演交渉して、特別なライブを開催しているそう

ミュージアムキャラのピンクのアルパカ(元は社長の娘さんのお気に入りのぬいぐるみだとか)に見送られて、展示スペースに入ると、ちょっとまじめなコーナーへ。

機内食で食べたしょうががおいしくて

「先代社長が機内食で食べたしょうがが、やわらかくてさっぱりしておいしく、それが台湾在来種のしょうが『本島姜(ペンタオジャン)』だと知りました。それから9年の歳月をかけて開発、誕生したのが岩下の新生姜なのです

アーカイブによる歴史、各企業とのコラボ商品などを学び終えて、次の部屋に進むとドーン! 絶対に写真を撮りたくなる、超巨大な新生姜のかぶりものがお目見え。ここでは目玉企画のプロジェクションマッピングも行われるのだ(次回はクリスマス開催。乞うご期待!)。

目玉展示(?)絶対に写真を撮りたい、超巨大な新生姜のかぶりもの(写真:週刊女性PRIME)
次ページラブリーな岩下の新生姜の部屋
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT