完成間近「品川新駅」に秘めたJR東日本の野望

建築家・隈研吾氏が考える「理想の駅名」は?

鉄骨の柱を覆う木材パネル。新駅には和のテイストが随所に盛り込まれる(撮影:尾形文繁)

駅舎は地上3階、地下1階建てで、2階や3階から1階のホームを見下ろせる吹き抜け構造となる。テラスには店舗なども設置される予定だ。駅舎内はまだ鉄骨むき出しの状態だが、これらの骨組みは福島県産などの木材で覆われ、完成後は「やわらかな光と木を感じる和テイストの空間」(JR東日本)になるという。

木材を使った公共建築物は完成直後こそ美しいが、年月を経るうちに汚れが目立つようになりがちだ。そのため、新駅でも表面にガラスコーティングなどの処理を行い、汚れがつかないようにするという。また、屋外に面した部分など劣化のおそれがある場所では、木目調のアルミパネルを使うそうだ。

2020年春の暫定開業後、東京オリンピック開催時には、駅前の広場でパブリックビューイングを行うことも検討されている。隈氏がデザインした新国立競技場同様、新駅も多くの人を呼び込むだろう。

新駅の駅名は年内に決定予定

新駅の名称は公募となり約6万4000案が寄せられた。JR東日本はこれらの案を参考に名称を決定し、今年の冬ごろに発表する予定だ。インターネット上では、ファンの間で「高輪」「芝浦」「泉岳寺」など地域に由来した駅名が取りざたされている。

新国立競技場を手掛けた建築家の隈研吾氏が新駅を設計した。繊細なデザインで日本らしさを表現したという(撮影:尾形文繁)

再開発エリアは「グローバルゲートウェイ」をモチーフにしているため、国際性を意識した駅名になる可能性もある。

そうするとカタカナ混じりの駅名になるのだろうか。それとも和テイストたっぷりの駅舎にマッチした純和風の駅名となるのか。隈氏は、「和のテイストを取り入れているが、シンプルでモダンなデザインなので、どんな駅名でも合うと思う」と話す。

次ページ新駅周辺には何ができる?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。