「魚屋夫婦ユニット」が円満でいられるワケ

妻は最高のビジネスパートナーだった

有美さんと和浩さん(写真:OCEANS)  
夫婦のカタチは人それぞれ。その数だけ、異なる幸せがある。たとえ一般的なスタイルと一線を画すものであっても、当人たちが納得していればそれでいいのだ。当連載では、ステレオタイプな「理想の家族」の型にはまらず、独自のスタイルを持つ夫婦を取材。異色ながらも円満な結婚生活を通じ、多様な幸せの在り方を探る。

妻の行動が生んだ、型破りな魚屋

今回お話を伺ったのは結婚4年目の浅井さん夫妻。夫婦であり、ビジネスパートナーでもあるふたり。3年前に「魚屋あさい」を立ち上げ、鮮魚ケータリングや解体ショー、市場ツアーなど、魚を通じて新たな価値を提供する活動を行っている。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

公私ともにパートナーという関係は、一長一短があるようにも思える。仕事上の苦楽が絆を深めることもあれば、逆にいさかいを生むこともあるだろう。ふたりの場合はどうなのか? ご夫婦に話を聞いた。

実店舗を持たない「魚屋あさい」。注文を受けると旬の鮮魚を携え出張し、その場でさばいて提供する。一般家庭だけでなく、イベントや企業のパーティーへのデリバリーも多いという。妻・有美さんは企画やマネジメントを担い、夫・和浩さんが魚の仕入れや出張・調理を引き受ける、新しいタイプの「魚屋夫婦ユニット」である。

(写真:OCEANS)

元々は別々の仕事をしていた夫婦。“協業”のきっかけは、有美さんの育休だった。

次ページ3年前の4月に第一子を出産
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT