ホンダ「CR-V」、実際買うならどのグレードか

日本復活した新型SUVのベストバイは?

5代目に移行したCR-Vは風格を増した印象だ(写真:ホンダ)

8月末に日本での販売が開始された新型「CR-V」。現行モデルで5世代目となるCR-Vだが、初代が登場したのは1995年のこと。それまで自社でのSUVを持たなかったホンダは、いすゞ自動車から「ミュー」や「ビッグホーン」を、そして英国からはランドローバー・ディスカバリーをOEM(相手先ブランドによる生産)で調達し、自社ブランド車として販売していた。しかし、高まりゆくSUV需要を察知したホンダが、初めて自社製のSUVとしてリリースしたのがこのCR-Vだったのだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなCR-Vは欧州や欧米でも高い人気を集める車種となっていたのだが、日本での人気は他社のクロスオーバーSUVに押されており、先代の4代目モデルは2016年で国内の販売を終了していた。

しかし、いまだに衰えることを知らないSUV人気を追い風に、約2年ぶりに日本市場へ戻ってきたCR-Vは、それまでのモデルよりもプレミアム感を持ち合わせた車両へと生まれ変わっており、価格もそれに伴ってアップ。搭載エンジンも一新され、新世代のCR-Vといった様相となっている。それではここから新型CR-Vのグレード選びについて詳細をチェックしていこう。

ガソリンターボか、スポーツハイブリッドか

グレード構成と車両本体価格は以下のとおりだ。

ガソリンエンジンモデル(1.5Lターボエンジン)
EX(5人乗り)
FF   323万0280円
4WD  344万6280円
■EX(7人乗り)
FF  342万1440円
4WD  363万7440円

EX・Masterpiece(5人乗り)
FF  359万1000円
4WD  380万7000円
EX・Masterpiece(7人乗り)
FF  381万4560円
4WD  403万0560円

ハイブリッドモデル(2.0Lガソリンエンジン+i-MMD)

HYBRID EX(5人乗り)
FF  378万4320円
4WD  400万0320円

HYBRID EX・Masterpiece(5人乗り)
FF  414万5040円
4WD  436万1040円
次ページエンジンは2種類
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。