ホンダ「CR-V」、実際買うならどのグレードか

日本復活した新型SUVのベストバイは?

5代目に移行したCR-Vは風格を増した印象だ(写真:ホンダ)

8月末に日本での販売が開始された新型「CR-V」。現行モデルで5世代目となるCR-Vだが、初代が登場したのは1995年のこと。それまで自社でのSUVを持たなかったホンダは、いすゞ自動車から「ミュー」や「ビッグホーン」を、そして英国からはランドローバー・ディスカバリーをOEM(相手先ブランドによる生産)で調達し、自社ブランド車として販売していた。しかし、高まりゆくSUV需要を察知したホンダが、初めて自社製のSUVとしてリリースしたのがこのCR-Vだったのだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなCR-Vは欧州や欧米でも高い人気を集める車種となっていたのだが、日本での人気は他社のクロスオーバーSUVに押されており、先代の4代目モデルは2016年で国内の販売を終了していた。

しかし、いまだに衰えることを知らないSUV人気を追い風に、約2年ぶりに日本市場へ戻ってきたCR-Vは、それまでのモデルよりもプレミアム感を持ち合わせた車両へと生まれ変わっており、価格もそれに伴ってアップ。搭載エンジンも一新され、新世代のCR-Vといった様相となっている。それではここから新型CR-Vのグレード選びについて詳細をチェックしていこう。

ガソリンターボか、スポーツハイブリッドか

グレード構成と車両本体価格は以下のとおりだ。

ガソリンエンジンモデル(1.5Lターボエンジン)
EX(5人乗り)
FF   323万0280円
4WD  344万6280円
■EX(7人乗り)
FF  342万1440円
4WD  363万7440円

EX・Masterpiece(5人乗り)
FF  359万1000円
4WD  380万7000円
EX・Masterpiece(7人乗り)
FF  381万4560円
4WD  403万0560円

ハイブリッドモデル(2.0Lガソリンエンジン+i-MMD)

HYBRID EX(5人乗り)
FF  378万4320円
4WD  400万0320円

HYBRID EX・Masterpiece(5人乗り)
FF  414万5040円
4WD  436万1040円
次ページエンジンは2種類
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。