15代目クラウンの販売はどれだけ好調なのか

トヨタ店専売は強みでもあり拡販のネック

とはいえ、クラウンの販売水準がセダンとして群を抜いていることは間違いない。14代目も、モデル末期であった2017暦年(2017年1~12月)ですら2万9085台と月販平均約2400台を売っている。

トヨタがクラウンを販売していくうえで、強みでもあり、ある意味で拡販にはネックだという見方もあるのは、クラウンの販売チャネルが「トヨタ店」に限られることだ。高級車ブランドの「レクサス店」を除き、トヨタ系の「カローラ店」「ネッツ店」「トヨペット店」という3系列では、クラウンを扱っていない。

トヨタ店は高級車販売に強く、顧客基盤も富裕層をガッチリとつかまえている。だからこそ、新型クラウンが発売になればトヨタ店の上得意客に対してアプローチができ、乗り換えを促進できるのが強みである。

扱いチャネルと販売台数

とはいえ、ここ数年のトヨタは「プリウス」「アクア」「シエンタ」「C-HR」などなど、4系列のすべてにチャネルを広げて拡販を進めているモデルも多い。昨年、フルモデルチェンジした「カムリ」も、かつてのカローラ店専売だった先代では月販目標台数500台に対し、現行モデルはトヨタ全店扱いにすることで月販目標を2400台に高めた。

残念ながらその販売目標こそ達成していないものの、自販連によればカムリの2018年1月から6月までの累計販売台数は1万2057台となり、月販平均ベースでは約2009台となっている。カムリ自体の魅力も上がったが、取り扱いチャネルが増えたことも販売台数増と無関係ではあるまい。

そして、カローラ店やネッツ店は大衆車寄りながら、トヨペット店はトヨタ店ほどではないにしても、高級車を扱っている販売チャネルだ。たとえば、トヨペット店はハイエースを専売車種として取り扱っている。ハイエースを社有車としている中小企業社長は、クラウンのような高級セダンを好む向きもあるかもしれない。トヨペット店は、クラウンと同じ後輪駆動の上級セダンである「マークX」を扱っている。これらの点では、トヨペット店がクラウンを取り扱っても、売っていく先はありそうだ。

そんなことを妄想しつつも、15代目クラウンのうちにトヨタ店以外での併売が始まる可能性はほぼないだろう。ただ、近年、トヨタが少しずつ販売系列を崩していく動きもある中で、各販売店の専売車種をどこまで残せるか。歴史の長さの分だけ、さまざまなしがらみもあり、実行の難しさは十分に承知しているが、クラウンの将来を見ていくうえで、トヨタがこの点について何も考えていないワケもないだろう。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。