15代目クラウンの販売はどれだけ好調なのか

トヨタ店専売は強みでもあり拡販のネック

セダンとしては圧倒的な売れ行きを見せる新型「クラウン」(写真:風間 仁一郎)

トヨタ自動車が6月26日に発売した新型「クラウン」。15代目に当たる伝統の高級セダンは、自動車業界内外の予想どおりにスタートダッシュを決めた。

クラウンの人気は根強い

トヨタは新型クラウンの発売から1カ月にあたる7月25日時点で、累計受注台数が約3万台になったと発表した。月販目標4500台の約7倍となる出足だ。日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、クラウンは今年7月に前年同月比2.3倍の7225台、8月は同2.1倍の5674台を販売。いずれも乗用車通称ブランド別ランキング(軽自動車除く)で上位(7月は10位、8月は11位)に食い込んだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

クラウンに続くセダン専用車は価格帯こそ違えど、同じくトヨタ「カムリ」が8月に957台で41位。セダン離れが鮮明な日本の新車市場においても、クラウンの人気は根強く、ブランド力とともにトヨタの営業力の強さも見せつけている。

15代目に当たる新型クラウンの月販目標台数4500台に対し、先代の14代目クラウンは同4000台だった。クラウンは個人・法人ともに乗り換え需要の強い車種ながら、トヨタは15代目クラウンで、新規ユーザーの開拓を最重要課題としている。

トヨタの販売戦略を見ると、「一見客」、つまり「ファーストクラウン」となるお客の獲得に向けたような、販促キャンペーンが目立っているのを強く感じている。デビュー時にはある地域では「歴代クラウン展示会」を展開。「購入資金50万円プレゼントキャンペーン」「購入時用品プレゼント」などまで展開するディーラーまであった。

先代の14代目クラウンは2012年12月25日に正式デビュー。そこから約1カ月後にあたる2013年1月29日時点で累計受注台数は約2万5000台だったため、15代目クラウンのほうが初期受注実績は明らかに多い。

ただ、新車販売の事情に詳しい関係者の間では、「実はトヨタが発表した受注台数の差ほど、15代目と14代目の差はないかもしれない」という意外な声も聞こえてくる。真偽のほどは定かではない。ただ、14代目クラウンの発売から1カ月は年末年始を挟んでおり、14代目の発売初期の営業日は数日単位で15代目よりも少なかったことが、彼らの話の根拠になっているようだ。

次ページハイブリッド車以外は、ほぼ「即納状態」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。