15代目クラウンの販売はどれだけ好調なのか

トヨタ店専売は強みでもあり拡販のネック

 

ちょっと気になるのは、新型クラウンのウェブサイトにある「工場出荷時期目処のご案内」でわかる大体の納期である。8月30日時点で、3.5Lハイブリッド車が2カ月程度、2.5Lハイブリッドが3~4カ月程度となっているが、それ以外、つまり2Lターボなどは1カ月以内となっている。

登録車で工場出荷メドが1カ月以内というのはほぼ通常スケジュールで、「即納状態」といってもいい状況となっている。メーカーによっては一部仕様については販売店在庫を持っていてもおかしくはないだろう。

ハイブリッド車は納期がかかっているように見えるが、これもユニット供給の問題なども絡んでいることもあるので、納期の遅れをもって「人気のバロメーター」と言い切れない部分もある。

外観の一本化、「意欲的」それとも「らしくない」?

新型クラウンはこれまでのスポーティな「アスリート」、トラディショナルな「ロイヤル」の区分けをやめて一本化した。流麗な6ライトウインドウのファストバックスタイルを採用したセダンが世界的なトレンドとなり、新型クラウンもそれを採用した。

これが「意欲的」という見方もある一方で、「いままでのようなクラウンらしい重厚さをあまり感じない」といった自動車業界内の意見はある。TNGA思想に基づき、レクサスLSと共通とされるプラットフォームを採用し、メディアの評価も上々なのだが、「あえてクラウンと名乗る必要があったのか?」といった声も聞かれている。個人タクシーやハイヤー、社用&公用車としては、かつての「ロイヤル」のほうがニーズに合いやすい面もある。

次ページ販売水準の高さは事実
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。