ドゥカティ・新型バイクのとてつもない咆哮

最高峰マシン「パニガーレV4」刺激的な乗り味

「レース」ではサーキット向けダイレクト感のあるサスペンションとエンジン特性、「スポーツ」ではワインディングでのスポーツライド向けでサスペンションも快適に、「ストリート」でもハイパワーながらも快適なサスペンションセットとスロットルバルブも正しく作動し、市街地や雨での走行も十分に可能だ。

スタンダードモデルよりもスポーツ性能を更に高めた「Panigale V4 S」(撮影:尾形文繁)

筆者がサーキットと市街地でのテストを行った結果、ライディングモードを「ストリート」、トラクション・コントロールを8段(最大介入)、ウィリー・コントロール8段(最大介入)で走行した場合、1〜3速ではまるで600ccツーリングモデルのようなマイルドなエンジン特性を作ることが可能だった。

ただし、それまで押さえられていたエンジン性能も3速以降は復帰し出力特性に変化がもたらされた。一方、レースモードの設定でトラクション・コントロールを最弱にしウィリー・コントロールも最弱にした場合の加速力は、MotoGPマシンとまでは言わないが、ほんの少し前のメーカーが作る「ワークスマシン」と同様に天井知らずの加速を味わうことができる。

この性能も含めて現在市販されているマシンで最もホットなマシンだ。

現代のMotoGPマシンにもっとも近いスペックを誇る

いずれにせよ、美しくシェイプされたイタリアンデザインのマシンをどう走らせるかはオーナー次第だ。かつてのじゃじゃ馬的な印象をもつドゥカティも、最新の電子デバイスによって、外見どおりのエレガントなマシンとなって我々のもとにやって来た。

市街地での信号待ちでは、ギアーがニュトラルで30秒以上、もしくは水温85度以上であれば、Vバンク後ろ側2気筒が気筒休止を行いドゥカティのアイデンティティでもあるL型2気筒のエンジンサウンドの演出も忘れていない。

MotoGP直系マシン、パニガーレV4Sは、ライディングモードの切り替えや、トラクション・コントロールのセットで、普段使いから週末のワインディング、気の合う仲間とのトラックデーまで、すべてのステージでオーナーのリクエストに忠実にシンクロナイズしてくれることだろう。

最後にこのマシンは最高出力214馬力で車両重量195kg(燃料満タン時)。パワーウエイトレシオ(車重に対する馬力の大きさ)が1.1ps/kg(広報資料より抜粋)。現代のMotoGPマシンに最も近いスペックで有る事もお伝えしておこう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT