「R32GT-R」が今なお200万円以上で売れる理由

伝説のクルマはいかにして生み出されたか

グループAによる全日本ツーリングカー選手権は、1993年に終焉を迎えた。そして、R33スカイラインへモデルチェンジをするのが、同年である。R33スカイラインのGT‐Rが登場するのは、1995年のことだ。世界的なツーリングカー選手権は、排気量2000ccの自然吸気エンジンを搭載した4ドアセダンで開催されるようになり、GT‐Rが戦うべきレースはなくなった。とはいえ、熱狂的なR32GT‐R人気をそのままで終わらせることはできず、R33GT‐Rが誕生することになる。

しかしすでに戦いの場を失ったGT‐Rの母体となるR33スカイラインは、車体寸法が大きくなり、荷室も容量を増やしてゴルフバッグが4個積めるようになった。R32GT‐Rで培われた高性能エンジンを搭載したとしても、GT‐Rが目指すべき目標が失われたといって過言ではない。

それは、R34GT‐Rについても同様と言えた。R32GT‐Rの時代からドイツのニュルブルクリンクを走る能力を備え、その周回タイムを更新することも行われてきたが、何を目指したのか? 目標を失ったGT‐RはR32時代ほどの存在意義を持ちえなくなったと言える。

「時速300kmで会話を楽しめる」ことを目指す

現在のR35GT‐Rにおいても、しのぎを削る戦いの場を持っているわけではない。ただ、R33~R34GT‐Rに比べ、日産スカイラインという上級4ドアセダンの枠組みを外れ、世界のGT(グランドツアラー)と競合し「時速300kmで会話を楽しめる」ことを目指すとした、開発責任者、水野和敏氏の目標は、明快だった。そして、ニッサンGT‐Rと名乗ることにしたのである。

スポーティなステアリングやセンターコンソールの3連メーターなど、オーナーの心をくすぐるコクピットだ(写真:日産自動車ニュースルーム)

その性能目標達成のため、サーキットを徹底的に走り込み、ニュルブルクリンクを開発の場として駐在し、ドイツの競合車と肩を並べる高性能と安定性を確立した。また、あえてヨーロッパのレースへも参戦し、ポルシェなどと競うことも行った。

だが、レースで勝つという単純明快で、なおかつ結果が明白になる目標へ向けての背水の陣というか、生死を分かつほど追い詰められた状況で性能を作り上げていったR32GT‐Rに比べれば、クルマに込められた必死の思いは弱かったといえるかもしれない。

R32GT‐Rに乗ると、当時の開発者たちの後へ引けぬ緊迫感が伝わってくる。イグニッションキーをひねり、エンジンが始動した途端に鳥肌が立つほどである。

R32GT‐Rへのあこがれや、いまなお高い価値が見いだされている理由は、ハコスカ時代の名を汚すことなく、ただひたすら勝利を目指した純粋な思いが、その姿かたちから機能・性能に至るまで魂となって宿っているからではないだろうか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT