「R32GT-R」が今なお200万円以上で売れる理由

伝説のクルマはいかにして生み出されたか

もう1つ、R32スカイラインが小型かつ丸みを持った外観となる背景にあったのが、4世代目のケンメリスカイラインを最後に途絶えていたGT‐Rの復活である。

スカイラインは、富士精密工業の時代から航空技術者たちの技術に対する思いから生まれた一台であり、2代目のスカイラインがレースでの勝利を目指し、もともと1500ccの直列4気筒エンジン用に開発された車体前部を伸ばして2000ccの直列6気筒エンジンを搭載したスカイラインGTを開発することにより、ポルシェ904と鈴鹿サーキットで競った話は有名だ。

2000GTの後継ともいえるのが、3世代目スカイラインのGT‐Rである。2代目に比べ、やはりここでも車体が大柄になって上級志向となったハコスカスカイラインが、レースで勝つために生み出されたクルマである。R380という、これもプリンス時代に開発が始められたレーシングカーに搭載されていた直列6気筒DOHCエンジンの設計者が、同じ構想でGT‐R専用に設計したエンジンを搭載してハコスカGT‐Rは誕生した。そしてレース参戦以来、52勝という記録を打ち立てた。

その後、4世代目スカイラインにもGT‐Rは存在したが、ケンメリスカイラインと愛唱された4代目のGT‐Rはレースに出場することなく、197台という少量生産で打ち切られた。

グループAによるレースで勝利するために

そこから16年の歳月を経て、R32スカイラインでGT‐Rが復活することになったのである。

「R32GT-R」の上級グレード「V-spec」のリアスタイル。レトロだが今なお魅力のあるスタイリングだ(写真:日産自動車ニュースルーム)

復活の理由は、当時のツーリングカー選手権の世界規定として制定されていたグループAによるレースで勝利するためであった。必勝を期して、GT‐Rはよみがえったのである。

世界的なレース規則の中で勝利するという、明快な目標のため、R32スカイラインはGT‐Rの基準車両として小型化され、また丸みを帯びた外観を作り上げたのである。そのため、上昇志向を満たす見栄えのよさや、ゴルフバッグを4個積むためのトランク容量はまったく無視された。

次ページ量産車から著しく進化しすぎることを抑える
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT