トヨタが上方修正との報道

日経平均は上げに転じる

11月6日、午後の東京株式市場で日経平均はプラスに転じ、一時1万4400円台を回復した。写真は都内で4月撮影(2013年 ロイター)

[東京 6日 ロイター] -午後の東京株式市場で日経平均はプラスに転じ、一時1万4400円台を回復した。NHKが6日、トヨタ自動車<7203.T>が今期の営業利益見通しを2兆2000億円に上方修正する方針と報じ、投資家心理が改善した。

為替が対ドル、対ユーロで円安方向に振れたことも追い風になっている。先物に買い戻しが入り、前場売られたソフトバンク<9984.T>、ファーストリテ<9983.T>など指数寄与度の大きい銘柄も下げ幅を縮小させている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。