雑談を漫然とする人と好機をつかむ人の大差

成功者だけが知る「雑談」の効能と活用法

商談の場での「こういう企画を考えたのですが、いかがでしょうか?」という正面切ったものではないので、相手もリアクションしやすくなります。いいものには好リアクションをし、よくないものには「ちょっと興味がないな」とアッサリ却下するなど、相手も本音を表しやすくなります。

YES、NOどちらも言いやすい。思っていることを正直に言いやすい。何を言っても、角が立たない。それが、雑談のいいところです。

正式なオファーであれば、しがらみがあると思っていることを正直に言いにくくなって答えをズルズルと引き延ばしたりすることもあり得ます。ラチが明かなくて、「どうなっているんですか?」と問い詰めたりすると、関係が険悪化しかねない危険性をはらみます。

「こんなのはどうですかね?」と水を向けたとしても、あくまでも仮の提案ですから、ダメ出しされたりNOを言われたりしても、傷つくこともありません。ダメ出しされたら、事前に「改善点をもらった」と考えるべきです。その相手の指摘を取り入れ、なおかつもっとブラッシュアップすれば、正式な商談でOKをもらえる可能性は限りなく高まります。

仕事ができる人は、このように雑談の場を下交渉と言うかリハーサルとして有効活用しています。言い換えると、雑談を仮プレゼンや仮商談として利用しているのです。

雑談で出した仮のアイデアの反応を見て、ブラッシュアップしたものを正式な場で提案をする。このように2段階に分けてアプローチしていますから、いきなりオファーをするより成功率がグーンと高まります。その意味では、抜け目がありません。

人は一度、肯定したことを「否定」できない

ざっくばらんに「こんなのはどうですか?」と提案したことに相手が好反応を示した場合、その成功確率は100%に近くなります。と言うのも、「脳が矛盾を嫌う」からです。

『最高の雑談力: 結果を出している人の脳の使い方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

一度「いい」と言ったことに対しては、後から「あれはよくない」とか「本当は嫌だった」と撤回しにくいものです。本来は拘束力もない雑談の場で、「いいんじゃない」と軽く言ってしまったら、正式な商談の場でオファーされてもやはり「いいですね。それにしましょう」とOKを出します。脳は意外と律儀です。

私の場合も雑談中に「(キャスターに)興味がある」と言った手前、正式に打診されたときには「これはやらなければいけない仕事だな」と悟って、NOを言いませんでした。引き受けたら「忙しくなる」のはわかっていましたが、NOを言おうとすると、もっともらしい断る口実を考えなければならなくなります。

脳は、そんな面倒くさいことを嫌がります。意外と単純なのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT