ジョコビッチ、マスターズ全9大会制覇の快挙

「マスターズ1000」を制覇した史上初の選手に

 8月19日、テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープン男子シングルス決勝、元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同大会で初優勝を飾った(2018年 ロイター/Aaron Doster-USA TODAY Sports)

[19日 ロイター] - テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープンは19日、米シンシナティで男子シングルス決勝を行い、元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同大会で7回の優勝経験を誇るロジャー・フェデラー(スイス)を6─4、6─4のストレートで下し、優勝した。

ジョコビッチは同大会で過去に5回の決勝を戦ったが一度も優勝経験はなく、そのうちフェデラーには3回敗れていた。この優勝で、1990年から始まった「マスターズ1000」の全9大会を制覇した史上初の選手となった。

念願のタイトルを勝ち取ったジョコビッチは試合後に「初めてここに立って、このトロフィーを手にするのは、間違いなく非常に特別な瞬間だ」とコメント。

ひじのけがからの復帰について「けがをしてプレーできず、今年初旬には手術も受けて、激動の日々だった。ウィンブルドン選手権で優勝して、初めてシンシナティで優勝して、このレベルまで復活できたのは現実とは思えない」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。