ジョコビッチ、マスターズ全9大会制覇の快挙

「マスターズ1000」を制覇した史上初の選手に

 8月19日、テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープン男子シングルス決勝、元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同大会で初優勝を飾った(2018年 ロイター/Aaron Doster-USA TODAY Sports)

[19日 ロイター] - テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープンは19日、米シンシナティで男子シングルス決勝を行い、元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同大会で7回の優勝経験を誇るロジャー・フェデラー(スイス)を6─4、6─4のストレートで下し、優勝した。

ジョコビッチは同大会で過去に5回の決勝を戦ったが一度も優勝経験はなく、そのうちフェデラーには3回敗れていた。この優勝で、1990年から始まった「マスターズ1000」の全9大会を制覇した史上初の選手となった。

念願のタイトルを勝ち取ったジョコビッチは試合後に「初めてここに立って、このトロフィーを手にするのは、間違いなく非常に特別な瞬間だ」とコメント。

ひじのけがからの復帰について「けがをしてプレーできず、今年初旬には手術も受けて、激動の日々だった。ウィンブルドン選手権で優勝して、初めてシンシナティで優勝して、このレベルまで復活できたのは現実とは思えない」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。