バイト先で「VIP待遇」を受ける若者のリアル

寿司に焼き肉、シフトのドタキャンも日常?

「自分たちは大切にされている」と肌で感じている若者たちは、日々の言動にもそれが現れます。“若者”のイメージが数年前――若者が「社会的弱者」だった時代――からアップデートされていない年長世代は、そんな彼らの態度に大きな違和感を抱き、戸惑い、時には苛立ちすら覚えるでしょう。

そんな若者や若手社員を動かすヒントを得るべく、若者研究所から7人の現役大学生を選抜し、集まってもらいました。今どきの若者は社会でどう扱われているのか、どんな仕事観を持っているのか。彼らの声にぜひ耳を傾けてみてください。

放っておいても上がる時給?

原田:今の若者は、超人手不足なだけにバイト先でもかなり優遇されていると聞いたんだけど、そうなの?

山切:私はあるコンビニでバイトしていますが、最初入ったときには時給が1000円でした。でも人手が足りなくて、ある日突然、何もしていないのに時給が1050円に上がりましたよ。

神谷:以前、塾講師のバイトをしていたんですが、昇給するには試験が必要なところ、全部免除で昇給できました。時給は1500円から2000円にアップです。私が留学を控えていたので、帰国後も職場に戻ってほしかったみたいですね。

原田:何の理由も前触れもなく急に条件が良くなるなんて、「失われた20年」と言われたこの20年間にはなかったことだよね。すごい。うらやましい!

吉川:バイトのシフトを当日平気でドタキャンする友人は多いですよ。焼肉屋でバイトしている子もドタキャン常連ですが、ぜんぜんクビになりません。その子いわく「金髪OKのバイトは休むのが簡単」だそうです。

原田:僕の学生時代だったら店長にボコボコにされてるよ(笑)。先日も某コンビニチェーンがバイトの茶髪や金髪をOKにしたし、どんどんバイトさんの自由度が高まっているようだね。

樋川:私は都心の某一流ホテルで、宴会のときに会場でサーブをするコンパニオンのバイトをしているんですが、友達をこのバイトに紹介すると私に1万円入ってきます。

原田:えっ! 

樋川:しかも、コンパニオンは勤務回数に比例してランクが上がり、業務の範囲が増えて時給も上がっていくんですが、紹介して入れた子のランクが上がるたび、その都度私も1万円ずつもらえるんです。

原田:それはすごい。渋谷のキャッチもビックリな好待遇(笑)。ブランド力のある職場でも、学生バイトを辞めさせないための方策が必要なんだ。

樋川:食事や宿泊の割引チケットももらえます。でも最近はそれでも人が来ないので、大学で新歓の時期に「○○ホテルでバイト募集」のビラでも配ろうかと思ってるんですよ(笑)。

次ページお金以外の「特典」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT