19年ぶり新規参入、「リアップ」後発薬の勝算

アンファーが新製品、ロート製薬も参入へ

「スカルプD メディカルミノキ5」のテレビCMのワンシーン。草彅剛さんと香取慎吾さんが「ミノキ兄弟」として登場する(画像:アンファー)

19年ぶりの新規参入――。化粧品やシャンプーなどの企画・開発、販売を行うアンファー(東京都千代田区)は8月8日、発毛剤「スカルプD メディカルミノキ5」を発売した。大正製薬の「リアップ」と同じ発毛成分「ミノキシジル」が5%配合されている。1999年のリアップ発売以降、初めての後発品だ。

発売前の5日には、元SMAPの草彅剛さんと香取慎吾さんが、インターネットテレビ「アベマTV」の番組内で“緊急記者会見”を開催。新製品とテレビCMをサプライズ発表した。

「ミノキなら、生える」。CMでは草彅さんと香取さんが、薄毛・抜け毛に悩む「ミノキ兄弟」として登場する。CMは全国で放送されているが、最初の発表をネットテレビで行うのは異例。さらに今回のCM制作は、大手広告代理店・電通と博報堂以外の代理店が手掛けている。

アンファーはなぜこうした手法を使ったのか。

20~30代の若い世代を狙う

同社は自社サイトを中心に、アマゾンや楽天市場などネットでミノキ5を販売する。同製品は薬剤師からの情報提供が必要な第1類医薬品だが、同社が自社サイトで第1類医薬品を扱うのは初めてだ。

リアル店舗では、ドラッグストア大手のマツモトキヨシで買うことができるが、当面は薬剤師や管理栄養士が常駐する「マツキヨ ラボ」の11店のみでの販売になる。アンファーは初年度での売上高20億円を目標にする。

発毛剤の中心購入層は40代以上だが、アンファーは20~30代の若い世代を狙う。「薄毛治療を行うクリニックへの問い合わせの7~8割が20代からというデータもある。若い世代には潜在的なニーズがある」(同社)。

ネットで若い世代に訴求する戦略は、まずは当たったようだ。5日夜に草彅さんと香取さんが製品を発表した後、翌朝7時までの半日で「スカルプD」のツイート数は4741件に上った。ミノキ5を男性用の薬用シャンプーとして知名度の高いスカルプDシリーズで発売したのも、若い世代を意識してのことだ。

次ページもう一つの特徴は「価格」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。