金正恩も脱いだ!北朝鮮を襲う「猛暑」の実態

深刻な干ばつで農作物にも被害が

労働新聞によると、7月下旬以降、北朝鮮の「大半の地域」で最高気温が35度を上回った。

東部の元山(ウォンサン)では7月22日に最高気温が39.7度に到達。7月30日には中国国境沿いの満浦(マンポ)、最北部の中江(チュンガン)、中北部の長江(チャンガン)で、それぞれ40.7度、40.2度、40度を記録した。

国営の朝鮮中央テレビ(KCTV)も、8月1日のニュースで「かつてない猛暑」を取りあげている。

「経済活動に重大な影響が出ている」

夜8時の番組でKCTVのニュースキャスターは、今回の熱波によって「農業などさまざまな分野で、国民の経済活動に重大な影響が出ている」と伝え、次のように語った。「政府職員や全国各地の農業従事者は、猛暑被害を防ぐための戦いに精力的に取り組んでいる」。

KCTVによると、放送当日の最高気温は北部の江界(カンゲ)、中国国境沿いの新義州(シニジュ)、南部の開城(ケソン)で、それぞれ38.9度、38.5度、37.9度を記録。キャスターは、「平壌の今日の最高気温は38度で、平年より8度高かった」と述べた。

北朝鮮の国営放送は、化学、電力、運輸産業で働く国民に対して、爆発や火事に加え、電設施設やエンジンなどの損傷を防ぐため「徹底した安全対策」を講じるよう呼びかけている。

(文:チ・ダギョム)

筆者のチ・ダギョム氏は、北朝鮮ニュースの記者で韓国ソウルを拠点とする。以前はロイター通信の動画ニュース部門で働いていた。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT