フェイスブック、3D銃関連コンテンツ削除へ

「コミュニティー規定に反する」

 8月9日、米フェイスブックは、3Dプリンターを使った拳銃製造方法に関連するコンテンツを削除すると発表した。スペイン・マラガで6月撮影(2018年 ロイター/JON NAZCA)

[9日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は9日、3Dプリンターを使った拳銃製造方法に関連するコンテンツを削除すると発表した。

フェイスブックの広報担当は「3Dプリンターを使った拳銃製造方法の共有はわれわれのコミュニティー規定に反する。われわれの指針に沿い、フェイスブックからこれらのコンテンツを削除する」とした。

3D銃関連の投稿のみ、もしくはページ、アカウントのいずれを削除するかについては明確にしていない。

米国では3Dプリンターを使った拳銃製造方法のインターネット公開を巡り議論が高まっており、これまでに複数州が差し止めを求め連邦政府を提訴している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT