フェイスブック、3D銃関連コンテンツ削除へ

「コミュニティー規定に反する」

 8月9日、米フェイスブックは、3Dプリンターを使った拳銃製造方法に関連するコンテンツを削除すると発表した。スペイン・マラガで6月撮影(2018年 ロイター/JON NAZCA)

[9日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は9日、3Dプリンターを使った拳銃製造方法に関連するコンテンツを削除すると発表した。

フェイスブックの広報担当は「3Dプリンターを使った拳銃製造方法の共有はわれわれのコミュニティー規定に反する。われわれの指針に沿い、フェイスブックからこれらのコンテンツを削除する」とした。

3D銃関連の投稿のみ、もしくはページ、アカウントのいずれを削除するかについては明確にしていない。

米国では3Dプリンターを使った拳銃製造方法のインターネット公開を巡り議論が高まっており、これまでに複数州が差し止めを求め連邦政府を提訴している。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。