フェイスブック、3D銃関連コンテンツ削除へ

「コミュニティー規定に反する」

 8月9日、米フェイスブックは、3Dプリンターを使った拳銃製造方法に関連するコンテンツを削除すると発表した。スペイン・マラガで6月撮影(2018年 ロイター/JON NAZCA)

[9日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は9日、3Dプリンターを使った拳銃製造方法に関連するコンテンツを削除すると発表した。

フェイスブックの広報担当は「3Dプリンターを使った拳銃製造方法の共有はわれわれのコミュニティー規定に反する。われわれの指針に沿い、フェイスブックからこれらのコンテンツを削除する」とした。

3D銃関連の投稿のみ、もしくはページ、アカウントのいずれを削除するかについては明確にしていない。

米国では3Dプリンターを使った拳銃製造方法のインターネット公開を巡り議論が高まっており、これまでに複数州が差し止めを求め連邦政府を提訴している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。