フェイスブック、3D銃関連コンテンツ削除へ

「コミュニティー規定に反する」

 8月9日、米フェイスブックは、3Dプリンターを使った拳銃製造方法に関連するコンテンツを削除すると発表した。スペイン・マラガで6月撮影(2018年 ロイター/JON NAZCA)

[9日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は9日、3Dプリンターを使った拳銃製造方法に関連するコンテンツを削除すると発表した。

フェイスブックの広報担当は「3Dプリンターを使った拳銃製造方法の共有はわれわれのコミュニティー規定に反する。われわれの指針に沿い、フェイスブックからこれらのコンテンツを削除する」とした。

3D銃関連の投稿のみ、もしくはページ、アカウントのいずれを削除するかについては明確にしていない。

米国では3Dプリンターを使った拳銃製造方法のインターネット公開を巡り議論が高まっており、これまでに複数州が差し止めを求め連邦政府を提訴している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT