BMW、欧州で32万4000台のリコールを実施

韓国のエンジン出火事故を受けて

 8月7日、独紙フランクフルター・アルゲマイネが報じたところによると、ドイツ高級車大手BMWは、韓国でエンジンから出火する事故が相次いだことを受け、欧州で約32万4000台のディーゼル車のリコール(回収・無償修理)を実施する。写真は同社のロゴマーク。3月撮影(2018年 ロイター/Shannon Stapleton/File Photo)

[フランクフルト 7日 ロイター] - ドイツ高級車大手BMW<BMWG.DE>は、韓国でエンジンから出火する事故が相次いだことを受け、欧州で約32万4000台のディーゼル車のリコール(回収・無償修理)を実施する。7日付の独紙フランクフルター・アルゲマイネが報じた。

韓国では今年、BMWディーゼル車の排ガス再循環装置の欠陥でエンジンから出火する事故が27件起きた。同社は10万6000台をリコールし、謝罪した。

BMWはリコール対象を欧州にも広げる。ドイツでは9万6300台が対象で、欠陥が見つかれば装置を交換する。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。