BMW、欧州で32万4000台のリコールを実施

韓国のエンジン出火事故を受けて

 8月7日、独紙フランクフルター・アルゲマイネが報じたところによると、ドイツ高級車大手BMWは、韓国でエンジンから出火する事故が相次いだことを受け、欧州で約32万4000台のディーゼル車のリコール(回収・無償修理)を実施する。写真は同社のロゴマーク。3月撮影(2018年 ロイター/Shannon Stapleton/File Photo)

[フランクフルト 7日 ロイター] - ドイツ高級車大手BMW<BMWG.DE>は、韓国でエンジンから出火する事故が相次いだことを受け、欧州で約32万4000台のディーゼル車のリコール(回収・無償修理)を実施する。7日付の独紙フランクフルター・アルゲマイネが報じた。

韓国では今年、BMWディーゼル車の排ガス再循環装置の欠陥でエンジンから出火する事故が27件起きた。同社は10万6000台をリコールし、謝罪した。

BMWはリコール対象を欧州にも広げる。ドイツでは9万6300台が対象で、欠陥が見つかれば装置を交換する。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。