BMW、欧州で32万4000台のリコールを実施

韓国のエンジン出火事故を受けて

 8月7日、独紙フランクフルター・アルゲマイネが報じたところによると、ドイツ高級車大手BMWは、韓国でエンジンから出火する事故が相次いだことを受け、欧州で約32万4000台のディーゼル車のリコール(回収・無償修理)を実施する。写真は同社のロゴマーク。3月撮影(2018年 ロイター/Shannon Stapleton/File Photo)

[フランクフルト 7日 ロイター] - ドイツ高級車大手BMW<BMWG.DE>は、韓国でエンジンから出火する事故が相次いだことを受け、欧州で約32万4000台のディーゼル車のリコール(回収・無償修理)を実施する。7日付の独紙フランクフルター・アルゲマイネが報じた。

韓国では今年、BMWディーゼル車の排ガス再循環装置の欠陥でエンジンから出火する事故が27件起きた。同社は10万6000台をリコールし、謝罪した。

BMWはリコール対象を欧州にも広げる。ドイツでは9万6300台が対象で、欠陥が見つかれば装置を交換する。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
物流危機は終わらない

ヤマト運輸が先陣を切った、配送会社による荷受け量抑制と運賃値上げ。一方、ネット通販拡大で荷物は増え続ける。パンク寸前の物流網。配送会社、荷主のそれぞれの苦闘を追う。