「新聞ダイジェスト」休刊から復刊への舞台裏

事実の経過を追うだけではない誌面を作る

今年の1月に復刊した『新聞ダイジェスト』(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)
大手6紙の記事を集約し、1カ月のニュースを追う雑誌『新聞ダイジェスト』。世の中の動きの理解しやすさに定評があり、メディア関係者や就活中の学生など、多くのファンに愛されていましたが、2017年5月号をもって惜しまれながら休刊。ところがそんな同誌が、8カ月のブランクを経て、今年の1月(2018年2月号)に復刊しました。
休刊、そして復刊の舞台裏にはどのような事情があったのでしょうか――。ネットニュース全盛のこの時代だからこその同誌の使命について、株式会社新聞ダイジェスト社の中本正幸社長に話を聞きました。

休刊の原因はスタッフの高齢化と人手不足

――1967年から半世紀にわたって刊行されてきた『新聞ダイジェスト』の休刊は、メディア業界の中で話題となりました。まずは休刊に至った理由から教えてください。

本記事はnews HACK by Yahoo!ニュース(運営:ヤフー)の提供記事です

一番の理由は、編集に携わるスタッフの高齢化と、それに伴う人手不足でした。『新聞ダイジェスト』の現場は、特殊な編集業務を要するため、なかなか後継のスタッフを育てるのが難しい。そこで、体制を根本から見直す時期に来ているのではないかと考え、いったん休刊することに決めました。その時点では、具体的に復刊の見通しが立っていたわけではないのですが、できれば1年以内に体制を立て直して戻ってきたいと考えていました。

――特殊な編集業務というのは、具体的にはどのようなものでしょうか。

2010年、株式会社新聞ダイジェスト社代表取締役社長に就任した中本さん(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)

『新聞ダイジェスト』は朝日・毎日・読売・日経・産経・東京の計6社の新聞社と契約を結び、1記事単位で二次使用料をお支払いする仕組みを採っています。この際、各社それぞれの記事単価が異なりますが、ニュースの内容を第一に、全体の予算やコストパフォーマンスも見ながら記事をセレクトする必要があります。

また、記事はデータではなく、すべて紙面で提供されます。そのため手作業で記事を切り抜いてスキャンし、配置しています。セレクトした記事は、見出し部分のみ書体をそろえて打ち直したり、少し縮小したりしながら、『新聞ダイジェスト』のB5判の誌面にうまく収めなければなりません。非常にアナログな作業ではありますが、記事を選ぶ基準をはじめ、独特のコツを要する編集なんです。

次ページ編集部ではどのような動きがあったのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。