命綱なし!パリで「地上35メートル」の綱渡り

数百人が見守る中で

 7月21日、フランスの綱渡りアーティスト、タチアナ・モジオ・ボンゴンガさん(34)が、数百人が見守る中、モンマルトルの丘で地上35メートルの高さで綱渡りを行った(2018年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 21日 ロイター] - フランスの綱渡りアーティスト、タチアナ・モジオ・ボンゴンガさん(34)が21日、数百人が見守る中、モンマルトルの丘で地上35メートルの高さで綱渡りを行った。

ボンゴンガさんは、室内楽をバックに、モンマルトルの丘の階段からサクレクール寺院に向かって張られた綱の上を、バランスを保つため長い棒を持ちながら命綱なしで歩いた。

8歳から綱渡りの練習を始めたボンゴンガさんは、今回のパフォーマンスのために1年間準備していたという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。