命綱なし!パリで「地上35メートル」の綱渡り

数百人が見守る中で

 7月21日、フランスの綱渡りアーティスト、タチアナ・モジオ・ボンゴンガさん(34)が、数百人が見守る中、モンマルトルの丘で地上35メートルの高さで綱渡りを行った(2018年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 21日 ロイター] - フランスの綱渡りアーティスト、タチアナ・モジオ・ボンゴンガさん(34)が21日、数百人が見守る中、モンマルトルの丘で地上35メートルの高さで綱渡りを行った。

ボンゴンガさんは、室内楽をバックに、モンマルトルの丘の階段からサクレクール寺院に向かって張られた綱の上を、バランスを保つため長い棒を持ちながら命綱なしで歩いた。

8歳から綱渡りの練習を始めたボンゴンガさんは、今回のパフォーマンスのために1年間準備していたという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。