命綱なし!パリで「地上35メートル」の綱渡り

数百人が見守る中で

 7月21日、フランスの綱渡りアーティスト、タチアナ・モジオ・ボンゴンガさん(34)が、数百人が見守る中、モンマルトルの丘で地上35メートルの高さで綱渡りを行った(2018年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 21日 ロイター] - フランスの綱渡りアーティスト、タチアナ・モジオ・ボンゴンガさん(34)が21日、数百人が見守る中、モンマルトルの丘で地上35メートルの高さで綱渡りを行った。

ボンゴンガさんは、室内楽をバックに、モンマルトルの丘の階段からサクレクール寺院に向かって張られた綱の上を、バランスを保つため長い棒を持ちながら命綱なしで歩いた。

8歳から綱渡りの練習を始めたボンゴンガさんは、今回のパフォーマンスのために1年間準備していたという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。