命綱なし!パリで「地上35メートル」の綱渡り

数百人が見守る中で

 7月21日、フランスの綱渡りアーティスト、タチアナ・モジオ・ボンゴンガさん(34)が、数百人が見守る中、モンマルトルの丘で地上35メートルの高さで綱渡りを行った(2018年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 21日 ロイター] - フランスの綱渡りアーティスト、タチアナ・モジオ・ボンゴンガさん(34)が21日、数百人が見守る中、モンマルトルの丘で地上35メートルの高さで綱渡りを行った。

ボンゴンガさんは、室内楽をバックに、モンマルトルの丘の階段からサクレクール寺院に向かって張られた綱の上を、バランスを保つため長い棒を持ちながら命綱なしで歩いた。

8歳から綱渡りの練習を始めたボンゴンガさんは、今回のパフォーマンスのために1年間準備していたという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT