医師不足解消のためにやるべきこと

キャリアコンサルタントが考える、医師不足

医師を聖職とせず、ひとつの職種として考える

とかくわれわれ一般人は、エリートで給与水準も高いことから、医師を色眼鏡で見てしまう傾向があります。しかし、医師とはいえ、それはひとつの職種であり、人間の構造が皆と違うわけではない。それを理解したうえで、医師一人ひとりが輝ける社会を作っていくことが必要です。それゆえ医師のキャリア意識やキャリア形成について第三者がアドバイスや情報提供をすることが大切ですし、それを迎える医療機関についても、入職させることがすべてではなく、その医師をどう大切に活用していくかを考えることが重要です。

需要側と供給側がお互いのニーズを知り、適正な人材配置をできることが、いちばん即効性のある医師不足対策であり、それを機能させることがわれわれ医療にかかわる者にとって、いちばん大事なことだと考えます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。