6時間36分!ウィンブルドン準決勝で最長試合

アンダーソンがイスナーに勝利

7月13日、テニスのウィンブルドン選手権男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(写真)がジョン・イスナーを7─6、6─7、6─7、6─4、26─24で制し、決勝に初めて進出した(2018年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 13日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準決勝を行い、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が第9シードのジョン・イスナー(米国)を7─6、6─7、6─7、6─4、26─24で制し、決勝に初めて進出した。

南アフリカの選手がウィンブルドンで決勝に進んだのも初めて。試合は6時間36分に及び、ウィンブルドンの準決勝としては最長試合となった。

アンダーソンは「2人にとってとてもタフなコンディションだった」とコメント。試合が決着したときに気の毒そうに相手とハグをかわした。準々決勝もロジャー・フェデラー(スイス)をフルセットの戦いの末に下しており、「決勝に向けてできる限り回復に努めたい」と述べた。

第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が対戦したもうひとつの試合は、ジョコビッチがセットカウント2─1とリードしたところでサスペンデッドとなった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT