6時間36分!ウィンブルドン準決勝で最長試合

アンダーソンがイスナーに勝利

7月13日、テニスのウィンブルドン選手権男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(写真)がジョン・イスナーを7─6、6─7、6─7、6─4、26─24で制し、決勝に初めて進出した(2018年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 13日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準決勝を行い、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が第9シードのジョン・イスナー(米国)を7─6、6─7、6─7、6─4、26─24で制し、決勝に初めて進出した。

南アフリカの選手がウィンブルドンで決勝に進んだのも初めて。試合は6時間36分に及び、ウィンブルドンの準決勝としては最長試合となった。

アンダーソンは「2人にとってとてもタフなコンディションだった」とコメント。試合が決着したときに気の毒そうに相手とハグをかわした。準々決勝もロジャー・フェデラー(スイス)をフルセットの戦いの末に下しており、「決勝に向けてできる限り回復に努めたい」と述べた。

第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が対戦したもうひとつの試合は、ジョコビッチがセットカウント2─1とリードしたところでサスペンデッドとなった。

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。