6時間36分!ウィンブルドン準決勝で最長試合

アンダーソンがイスナーに勝利

7月13日、テニスのウィンブルドン選手権男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(写真)がジョン・イスナーを7─6、6─7、6─7、6─4、26─24で制し、決勝に初めて進出した(2018年 ロイター/Tony O'Brien)

[ロンドン 13日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準決勝を行い、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が第9シードのジョン・イスナー(米国)を7─6、6─7、6─7、6─4、26─24で制し、決勝に初めて進出した。

南アフリカの選手がウィンブルドンで決勝に進んだのも初めて。試合は6時間36分に及び、ウィンブルドンの準決勝としては最長試合となった。

アンダーソンは「2人にとってとてもタフなコンディションだった」とコメント。試合が決着したときに気の毒そうに相手とハグをかわした。準々決勝もロジャー・フェデラー(スイス)をフルセットの戦いの末に下しており、「決勝に向けてできる限り回復に努めたい」と述べた。

第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が対戦したもうひとつの試合は、ジョコビッチがセットカウント2─1とリードしたところでサスペンデッドとなった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT