破竹のクロアチア、延長戦を制し初の決勝へ

イングランドを下す

 7月11日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝を行い、クロアチアがイングランドに延長戦の末2─1で勝利。同国史上初の決勝進出を決めた。(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[モスクワ 11日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝を行い、クロアチアがイングランドに延長戦の末2─1で勝利。同国史上初の決勝進出を決めた。

イングランドは前半5分にキーラン・トリッピアーがフリーキックを直接決めて先制。しかし、クロアチアは後半23分にイバン・ペリシッチが同点ゴールを決め、延長後半4分にマリオ・マンジュキッチが決勝ゴールを決めた。

イングランドは1966年大会以来52年ぶりの決勝進出は果たせなかった。ガレス・サウスゲート監督は「われわれは敗北の痛みを感じている。まだ数日はかかるだろう。前向きに考えられる日は来るだろうが、いまはとても難しい」と話した。

さらに、敗因として経験不足を挙げ、選手たちの成長には大きな試合で継続的にプレーする必要があると主張。その差が後半に出たと述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。