破竹のクロアチア、延長戦を制し初の決勝へ

イングランドを下す

 7月11日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝を行い、クロアチアがイングランドに延長戦の末2─1で勝利。同国史上初の決勝進出を決めた。(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[モスクワ 11日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝を行い、クロアチアがイングランドに延長戦の末2─1で勝利。同国史上初の決勝進出を決めた。

イングランドは前半5分にキーラン・トリッピアーがフリーキックを直接決めて先制。しかし、クロアチアは後半23分にイバン・ペリシッチが同点ゴールを決め、延長後半4分にマリオ・マンジュキッチが決勝ゴールを決めた。

イングランドは1966年大会以来52年ぶりの決勝進出は果たせなかった。ガレス・サウスゲート監督は「われわれは敗北の痛みを感じている。まだ数日はかかるだろう。前向きに考えられる日は来るだろうが、いまはとても難しい」と話した。

さらに、敗因として経験不足を挙げ、選手たちの成長には大きな試合で継続的にプレーする必要があると主張。その差が後半に出たと述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。