破竹のクロアチア、延長戦を制し初の決勝へ

イングランドを下す

 7月11日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝を行い、クロアチアがイングランドに延長戦の末2─1で勝利。同国史上初の決勝進出を決めた。(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[モスクワ 11日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝を行い、クロアチアがイングランドに延長戦の末2─1で勝利。同国史上初の決勝進出を決めた。

イングランドは前半5分にキーラン・トリッピアーがフリーキックを直接決めて先制。しかし、クロアチアは後半23分にイバン・ペリシッチが同点ゴールを決め、延長後半4分にマリオ・マンジュキッチが決勝ゴールを決めた。

イングランドは1966年大会以来52年ぶりの決勝進出は果たせなかった。ガレス・サウスゲート監督は「われわれは敗北の痛みを感じている。まだ数日はかかるだろう。前向きに考えられる日は来るだろうが、いまはとても難しい」と話した。

さらに、敗因として経験不足を挙げ、選手たちの成長には大きな試合で継続的にプレーする必要があると主張。その差が後半に出たと述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT