破竹のクロアチア、延長戦を制し初の決勝へ

イングランドを下す

 7月11日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝を行い、クロアチアがイングランドに延長戦の末2─1で勝利。同国史上初の決勝進出を決めた。(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[モスクワ 11日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝を行い、クロアチアがイングランドに延長戦の末2─1で勝利。同国史上初の決勝進出を決めた。

イングランドは前半5分にキーラン・トリッピアーがフリーキックを直接決めて先制。しかし、クロアチアは後半23分にイバン・ペリシッチが同点ゴールを決め、延長後半4分にマリオ・マンジュキッチが決勝ゴールを決めた。

イングランドは1966年大会以来52年ぶりの決勝進出は果たせなかった。ガレス・サウスゲート監督は「われわれは敗北の痛みを感じている。まだ数日はかかるだろう。前向きに考えられる日は来るだろうが、いまはとても難しい」と話した。

さらに、敗因として経験不足を挙げ、選手たちの成長には大きな試合で継続的にプレーする必要があると主張。その差が後半に出たと述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
海外不振が続くサンリオ<br>復活担う創業家の御曹司

90歳の創業社長から60歳以上若い孫への世代交代が近づく。若き御曹司は、業績不振のサンリオを立て直せるのか。ハローキティなどキャラクターのブランド力向上を目指す。