完勝イングランド、28ぶりにW杯準決勝進出

11日の準決勝でクロアチアと対戦

 7月7日、サッカーのW杯ロシア大会、準々決勝でイングランドはスウェーデンに2─0で勝利。28年ぶりの準決勝進出を決めた。写真は勝利を喜ぶイングランドの選手たち(2018年 ロイター/Lee Smith)

[サマラ(ロシア) 7日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は7日、各地で準々決勝の試合を行い、イングランドはスウェーデンに2─0で勝利。28年ぶりの準決勝進出を決めた。

イングランドは前半30分にハリー・マグワイアのヘディングゴールで先制。後半にデレ・アリが追加点を挙げた。

3つのスーパーセーブを決めて、スウェーデンを無得点に抑えたGKジョーダン・ピックフォードがマンオブザマッチに選ばれた。

イングランドは11日の準決勝でクロアチアと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。