フランス、カバニ欠場のウルグアイ制し4強へ

次はブラジルを破ったベルギーと対戦

 7月6日、サッカーのW杯ロシア大会準々決勝、フランスがウルグアイに2─0の勝利を収めて準決勝進出を決めた。写真は2点に絡んだフランスのアントワーヌ・グリーズマン(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[ニジニーノブゴロド(ロシア) 6日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、各地で準々決勝を行い、フランスがウルグアイに2─0の勝利を収めて準決勝進出を決めた。

フランスは前半40分にアントワーヌ・グリーズマンのフリーキックをラファエル・バランが頭で合わせて先制。後半16分には、グリーズマンのシュートをウルグアイのGKフェルナンド・ムスレラがストップしきれずに追加点となった。

ウルグアイは決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦で2得点を挙げたエディンソン・カバニが、左ふくらはぎの負傷により欠場。攻撃面でその影響は大きかった。

フランスのディディエ・デシャン監督は「この結果に値するプレーだった」とした上で、「我々は後半に熟練した姿を見せた。ただし、改善の余地はある」と述べた。フランスは準決勝で、ブラジルを破ったベルギーと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT