フランス、カバニ欠場のウルグアイ制し4強へ

次はブラジルを破ったベルギーと対戦

 7月6日、サッカーのW杯ロシア大会準々決勝、フランスがウルグアイに2─0の勝利を収めて準決勝進出を決めた。写真は2点に絡んだフランスのアントワーヌ・グリーズマン(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[ニジニーノブゴロド(ロシア) 6日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、各地で準々決勝を行い、フランスがウルグアイに2─0の勝利を収めて準決勝進出を決めた。

フランスは前半40分にアントワーヌ・グリーズマンのフリーキックをラファエル・バランが頭で合わせて先制。後半16分には、グリーズマンのシュートをウルグアイのGKフェルナンド・ムスレラがストップしきれずに追加点となった。

ウルグアイは決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦で2得点を挙げたエディンソン・カバニが、左ふくらはぎの負傷により欠場。攻撃面でその影響は大きかった。

フランスのディディエ・デシャン監督は「この結果に値するプレーだった」とした上で、「我々は後半に熟練した姿を見せた。ただし、改善の余地はある」と述べた。フランスは準決勝で、ブラジルを破ったベルギーと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT