フランス、カバニ欠場のウルグアイ制し4強へ

次はブラジルを破ったベルギーと対戦

 7月6日、サッカーのW杯ロシア大会準々決勝、フランスがウルグアイに2─0の勝利を収めて準決勝進出を決めた。写真は2点に絡んだフランスのアントワーヌ・グリーズマン(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[ニジニーノブゴロド(ロシア) 6日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、各地で準々決勝を行い、フランスがウルグアイに2─0の勝利を収めて準決勝進出を決めた。

フランスは前半40分にアントワーヌ・グリーズマンのフリーキックをラファエル・バランが頭で合わせて先制。後半16分には、グリーズマンのシュートをウルグアイのGKフェルナンド・ムスレラがストップしきれずに追加点となった。

ウルグアイは決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦で2得点を挙げたエディンソン・カバニが、左ふくらはぎの負傷により欠場。攻撃面でその影響は大きかった。

フランスのディディエ・デシャン監督は「この結果に値するプレーだった」とした上で、「我々は後半に熟練した姿を見せた。ただし、改善の余地はある」と述べた。フランスは準決勝で、ブラジルを破ったベルギーと対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。