AIが人間を監視する社会は目前に迫っている

カメラ×行動解析で「人の目的」を予測する

防犯カメラ解析AIスタートアップ、VAAK代表取締役の田中遼氏(写真:Ledge.ai編集部)

 すでに中国ではスマートグラスや鳥型ドローンによって、人を監視する取り組みが活発おこなわれていますが、ご存知でしょうか?

“AIが人間を監視する社会”はもうすぐそこまで来ており、それは日本も例外ではないかもしれません。

本記事はLedge.ai(運営:レッジ)からの転載記事です。元記事はこちら

株式会社VAAKは、AIによってリアルタイム動画解析から得たデータと天候や時間、地理的なデータを統合的に分析することで、監視カメラに映る人物が万引きする確率、万引き犯の来店日時などを予測します。

監視カメラと外部から得られるデータを使うことで、防犯、マーケティングをはじめとする、さまざまな領域に波及した活用ができ、大きな可能性を秘めています。

果たしてディストピアになってしまう可能性はないのか……。そんな懸念を抱きつつ、VAAK代表取締役 田中さんに監視カメラによる防犯AIと、その先に描くビジョン、いかにしてAIによる“正しい監視社会”を目指すのか、インタビューしてきました。

100種類を超えるデータをリアルタイム解析し行動予測

――さっそくですが、AI監視カメラの仕組みや、具体的にどのような解析をしているのか、気になって仕方ないです。

田中氏:ディープラーニングを使った物体認識や顔認識はもちろんですが、VAAKのAIは、体の関節や人物の属性など、計100種類を越えるデータを統合的に分析しています。地域周辺の犯罪発生率や天候などのマクロ視点のデータと、人間の行動を解析することで得られるミクロ視点のデータ、この2つを組み合わせて解析することで、人の行動を予測したり、再来店日時を予測しています。

 

(写真:Ledge.ai編集部)

物体認識から顔認識、統合的な分析手法まで、使われているAIはすべて自前で開発しているVAAK。

行動解析の分野はさまざまな手法がありつつも、結果が出ている企業や研究機関はほとんどない一方で、VAAKはAIによる行動解析で高い精度を出していると言います。

監視カメラによるリアルタイム行動解析から得られるミクロ視点のデータは、

・属性(性別や年齢)・商品・環境(周りに人がいるかどうか)・動き

マクロ視点のデータは、

・時間・天候・店舗・地域

などが挙げられ、これらを統合分析することで「人の目的」というデータまで取れるそうなんです。

――人の目的がデータとして取れるって、一体どういうことなんでしょうか……?

田中氏:目的は、人の年齢や目線、歩くスピードやその歩幅と、その他のデータの組み合わせから分析することで、導きだすことができます。たとえば飲み物を買いに来た、トイレに来たというような目的です。目的がわかることで精度の高いレコメンドや分類を行うことができます。
データの組み合わせ次第でさまざまなデータが取れますし、リアルタイムに人を認識・解析することで得られる情報のパワーは計り知れないんですよ。
次ページ万引きを防止できる仕組みとは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100

AI、宇宙、ロボット…100億円級の資金を調達するベンチャー企業が続々。大企業も投資に熱狂。次のメルカリはどこか、注目ベンチャー100社を紹介。ビジネスヒントはここにある!