「メシウマ」の感情をあえて隠すのは不自然だ

他人の不幸は蜜の味、自分の不幸も笑われろ

なぜならば、「他人の不幸は蜜の味」は科学的にも証明されている。難しいことはよくわからないが、脳科学者の中野信子さんの著書によると、オキシトシンという脳内物質が作用しているようである(参考記事:「他人の失敗」を見ると快楽を覚える本質理由)。

要は、どれだけ、同情しようと、憐み、涙を流そうと、脳は「成功者の転落」を喜んでいるということである。これが人間というものなのだ。これが現実なのである。

だから、50歳以上にもなれば、「メシウマ」の心を大事にしたほうがいい。他人の不幸を楽しみ、時に陰で大笑いしたほうがいい。そういう他人の不幸を楽しむことによって、毎日が楽しくなる。老後が明るくなる。精神的にもいい。なにより、元気になる。気分も青空だ。いいではないか。どうせ老い先短いのだから、なにも遠慮することはない。

そのかわり自分の不幸を笑われても怒ってはいけない

しかし、逆の場合も、またよきかなではないか。自分が不幸になる。大きな失敗をしでかす。それによって、他人を喜ばすことになることを受け入れるべきだ。他人がほくそ笑む、喜ぶということは他人の心を明るくするということなのだ。友人が「やった!アイツ、失敗した」「不幸のどん底に落ちた」と、明るい気持ちになってくれるのであれば、それでいいではないか。

ここが大事なところである。人の不幸を笑う以上は、自分の不幸を人が笑うのを許容する寛容さがなければならない。当たり前だろう。自分の失敗を笑われて、憤慨し、人の不幸は、心のなかで大喜びするというのがよろしくない。それは人間として許されないし、品格が疑われる。

しかし、このようにして、お互いに、他人の不幸を大笑いすることによって、元気になれるというわけだ。これでいいではないか。遠慮することはない。にこやかに、「メシウマ」と声に出してしまってもいいだろう。「メシウマ」と小さな声でつぶやきながら、ほくそ笑もうではないか。面と向かっては難しいかもしれないが、他人の不幸を大笑いしよう。陰湿な憐憫、口先だけの形式的な同情より、はるかに明るく健康的ではないかと思う。

笑いは健康にプラスになる、との調査もある。他人の不幸を大笑いすることによって、健康寿命が延びるかもしれない。それによって若者に財政的負担をかけることも少なくなり、お国のためにもなる。「メシウマ」。他人の不幸を喜ぶことによって、お互いの明るく短い未来が待っているのである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。