ソフトバンク、フォード幹部引き抜きのワケ

米政府への働き掛け強化

6月29日、ソフトバンクグループが、米政府への働き掛けを強化するため、米自動車大手フォード・モーター<F.N>のグループ副社長であるジアド・オジャクリ氏を引き抜いたことが分かった。写真は東京で2015年8月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[29日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>が、米政府への働き掛けを強化するため、米自動車大手フォード・モーター<F.N>のグループ副社長であるジアド・オジャクリ氏を引き抜いたことが分かった。

オジャクリ氏は声明で「ソフトバンクは米経済の成長に貢献しており、非常に重要な会社だ。米国内外における同社の政府問題慣行の構築に携われることを光栄に思う」と述べた。

同氏は2004年以降、フォードと政府の関係戦略で中心的な役割を果たしてきた。7月15日にフォードを去り、8月1日にソフトバンクに移籍する。

トランプ米大統領は28日、ソフトバンクの孫正義最高経営責任者(CEO)が米国での投資を720億ドルに拡大したと述べた。これは孫氏が以前表明していた500億ドル超を大幅に上回る。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。