ボルボ「S60」、米国で勝負かける新型車の真価

これは第2成長期に入った証しだ

まずは、ボルボの真骨頂であるデザインについてだ。実車を前に、デザイン部門筆頭副社長のロビン・ペイジ氏が詳しく解説してくれた。

実車を前に説明する、デザイン部門の筆頭副社長、ロビン・ペイジ氏(筆者撮影

特徴的なのは、車体前面から車体側面に向かう力強いキャラクターライン。後席ドアから車体後部に向かって複数のラインをしっかりと描くことで、筋肉質なイメージを強調した。これは、ボディサイズが大きい「S90」とは違い、先にフルモデルチェンジしたワゴンの「V60」と同様のデザイン手法だ。

フロントマスクも「V60」との共通性があり、ボルボが「トールハンマー」と呼ぶT型のLEDデイタイムライトの全体形状によって、車体の横方向に低く、そしてズッシリとしたイメージを創出している。

また、安全性能について重要な役割を成すレーダーセンサーを、フロントマスク中央のボルボロゴマークの中に目立たないように埋め込んだ。

新型S60のインテリア(筆者撮影)

ひととおりの説明を聞いたところで、セダンデザインのトレンドについて聞いた。これまで北米市場全体で、セダンの販売量が大きいことが定説となってきたが、近年は小型・中型セダンから小型・中型SUVへのシフトが進み、そうした中でフォードが北米セダン市場から撤退を表明する事態に達した。

こうした中でボルボはどのように対応していくのか。ペイジ氏は「確かに大きな市場変化が起きている。正直なところ5年、10年先に消費者のセダンに対する意識がどこまで変わるかを想定することは難しい。われわれとしては現地点で、これまでの蓄積を集約した形がこのS60ということだ」と本音を漏らした。

北米市場では当面、日系や韓国系など2万~3万ドル(220万~330万円)の価格帯のセダンの販売量は減少し続ける可能性があるが、一方でボルボやドイツのジャーマン3(メルセデスベンツ、BMW、アウディ)を含めた4万ドル(440万円)以上のプレミアムセダンでは安定した成長が見込まれるのかもしれない。

2010年という大転換期

次に、研究開発部門の筆頭副社長、ヘンリック・グリーン氏らを交えてボルボのクルマ造りの現状について聞いた。その中で、彼らが強調したのが「2010年以降の大きな変化」という言葉だ。

新型S60のお披露目式典会場には、ボルボの現行車がズラリと並んだ(筆者撮影)

この年、ボルボの親会社は、米フォードから中国の吉利集団に変わった。フォード時代には、ランドローバー、ジャガー、ベントレーとともにプレミアム・オートモーティブ・グループ(PAG) との括りの中で、フォードとの車体共有がなかば義務づけられる事業計画の中での研究開発を強いられた。それが2010年に大きく変わった。

次ページ新生ボルボであることを強調
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。